2006年09月09日

フィンランド第5日目(遂にアレを食す!)

フィンランド第5日目。
遂にフィンランドの首都であるヘルシンキにやってきた。

まずは国鉄駅でヘルシンキの隣のパシラにあるソコスホテルにチェックイン。
お部屋はかなり広くてきれい!
ホテルからヘルシンキ中心部まではトラムで15分程度で簡単に出られる。
トラムに乗る機会が多いだろうということで我々はツーリストチケット3日券(12ユーロ)を購入。
普通に乗ると1回2ユーロで1時間以内ならトラム・バス乗り換え自由な模様。

さてさて、ヘルシンキは首都というだけあって、今まで訪れた街よりずっと都会で人も多い!
観光客もたくさんだ。
お店も食べ物屋さんもたくさん!
メインストリート沿いのオープンカフェで気持ちよくランチをいただいた。
はい、こちら↓
ツナサラダ.jpg
近くの席にいたおばちゃんが食べてておいしそうだったので、真似してみました。
ツナサラダ。
レアにローストされたツナがドーンと乗ってて非常においしかった!

名物のマーケット広場や大聖堂などなど観光スポットを見て、いよいよこの日のメインへ!
なんと!ザリガニを食べに行ったのです!
日本でフィンランドリサーチしていたときに、夏の間だけ食べられるということを知り、ゼヒとも体験したかったのだ。
ツーリスト・オフィスでザリガニを食せるお店を教えていただいた。
ツーリスト・オフィスのすぐ近くにあるフィッシュ・マーケットというお店。
中は大盛況でほぼ満席!
でも、ラッキーなことに最後の1テーブルに着くことができた。

肝心のザリガニ、臭味を消すためか塩味きつめで茹でてあり、ハーブを乗っけて食べる。
なんせ体が小さくて身を取り出すのにやや苦労したけど、爪の身は蟹のようでなかなかイケる!
そのほかに食べた料理もおいしかったし、なかなかよいお店だった。
よく食べ大満足の1日だった!

ザリガニ.jpg 164_060804_cyber0003.jpg
左:こちらがザリガニちゃん。
ザリガニは時価で、この日は1匹8.30ユーロ。
高い!だけあってお皿に行儀良く並んでいる・・・。
右:メインにいただいたお肉とパスタ。お肉は柔らかくてグー。
posted by しのぶ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

フィンランド第4日目(ハメーンリンナとイッタラ・ガラスセンター)

さて!フィンランド第4日目!
まずはホテルで朝食をしっかりいただいた。
このホテル、飛び込みで宿泊したけど、朝食がおいしかった!
パンケーキを自分で焼けるし、大好きなキウイフルーツもいただき放題!

4日目朝食.jpg
朝から食べすぎ・・・?

朝食を終えたら早速移動。
タンペレから電車で少し南下してハメーンリンナの町に到着。
ハメーンリンナも湖があり、のんびりしててとてもよい町だった。

ここにはフィンランド三古城の1つであるハメ城がある。
ハメ城さんはレンガ造りで、湖のほとりにたたずんでいる。
ヨーロッパの城というと豪華絢爛というイメージだったけど、ハメ城はいたって質素。
要塞としても使われていたというのがうなずける。

ハメ城見学後にはバスで30分ほどのイッタラにあるイッタラ・ガラスセンターを訪れた。
バスといってもバンで到着地のアナウンスもないので、やや乗り過ごしたけど、運転手のおじさんが気付いてくれて無事に到着。
ここは世界的に有名なガラスメーカーであるイッタラの本拠地だ。
ここにはファクトリーショップもあり、物によっては定価よりだいぶ安く買える。
値札の色により、定価と同価格、定価よりちょっとお安め、定価よりだいぶお安めがあるようなので、ちょっと注意が必要。
テンションが上がっていろいろ買い込みそうになったけど、バックパックの旅がまだ続くので、自分を戒めて最小限の買い物をいたしました。

タンペレでは苦労した夕食のレストラン探し。
ハメーンリンナでもやや苦労。
夕食の時間ともなると街中の人もだいぶひいていて、あまりレストランが見当たらないので、ランチもディナーも同じ店でいただいた。
2食続けて同じお店だったけど、ここはかなり当たりだった!
お昼も8ユーロで、サラダ、スープ、メイン、コーヒーとお得だったし、夕飯に食べたサーモンのグリルも非常においしかった。

4日目夕食.jpg
フィンランドはやはり魚料理だね!

posted by しのぶ at 16:43| Comment(1) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンランド第3日目(こんにちわ!ムーミン!)

なかなか進んでおりませんが、今日はフィンランド3日目の模様をレポート。
寝台電車でヘルシンキに到着した後、その足で再び少し北上し、フィンランド第3の都市であるタンペレを訪れた。

まずはホテルを確保し、街へとGO!
フィンランド第3の都市とあってロヴァニエミより全然都会!
タンペレは北側にナシ湖、南側にピュハ湖があるが、ピュハ湖にある港にはマーケットが出ていて賑やか。
食べ物のお店もたくさんあり、ここでランチをいただくことにした。
キョロキョロ物色していると地元のみなさんはなにやら黒いウインナーのようなものを食べている。
なんじゃ!こりゃ!というインパクト大な見た目だ。
たまたま目のあった地元のおばちゃんがおすそ分けをしてくれたので、ありがたくいただいてみた。
ウインナーに見えたけど中身はパンでできているらしい。
結構おいしかった。
いや〜、やさしいおばちゃんだったわ。
我々のことを"Student?"と言ってくれたし!

腹ごしらえをした後は街をブラブラしつつムーミンさんに会いに行った。
フィンランドといえば有名なムーミンさん。
その作者であるトーヴェ・ヤンソンさんの原画や物語の場面を再現したミニチュアなどが展示されているムーミン谷博物館なるものが市立図書館の中にあるのだ。
図書館の脇にある階段を、ほんとにここ・・・?と思いつつ下っていくときちんとありましたよ。
中にはいろんな原画やミニチュアがあったけど、その中で一番すごかったのは、ムーミンのおうちをミニチュア化したもの。
かなり大きいもので細部まで精巧にできている。
いつまで見てても見飽きないかんじだった。
ムーミンに出会えて満足!

さてさて夕方からはピュハ湖のクルーズに行ってみた。
クルーズで到着したのはViikinsaariという島。
レストランや森、ハイキング道やちょっとしたスポーツ遊具などがあり、家族で休日に訪れるとかなり楽しいと思う。
我々はそこにあったダーツをおりゃ!と投げまくった。
ダーツ、意外とはまるね。

タンペレで苦労したのは夕食のレストラン探し。
バーはたくさん見かけるのに、どこも食べ物を扱っていないのだ。
我々の探し方が悪かったのか食べ物メインのレストランはなかなか見かけない。
結局フィンランドでメキシカンを食べるというおかしな行動に出たのであった。

メキシカン.jpg
ファヒータをはじめとするメキシカンの数々!
posted by しのぶ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

ファースト・オイスターバー&ファッションショー

フィンランド・レポートも停滞気味の今日この頃・・・。
平日も休日もなかなか忙しく家でパソコンを開けない日が続いているけど、またちょこちょこと書いていくつもり。
その前に、ここ最近、人生で初の体験を2つほどしたので、そちらをレポート。
あんまり関係ないかもだけど、どちらもフィンランドに一緒に行ったえみこちゃんとの体験だ!

1.オイスターバー初体験
今まで飲み屋さんとかで生牡蠣を食べたことはあったけど、純粋に牡蠣だけを食べに行ったことはなかった。
フィンランドでもザリガニを食べに行ったついでに(ザリガニについてはそのうちレポートします!)1つだけ食べたけど、モリモリ食べたいよね!と盛り上がり帰国後に実行。
訪れたのは五反田にある東京オイスターバーというお店。
世界中の牡蠣が1年中楽しめるお店らしく、私達が訪れたときも大盛況。
予約をしておいてよかった。ありがと!えみこちゃん。
ぐるなびクーポンでゲットした焼き牡蠣も含め、生牡蠣から焼き牡蠣までほんとにたくさん食べた!
各国の牡蠣を食べたけど、一番私好みだったのは、宮城の岩牡蠣。
やはり私は日本人なのね。
あとは私の誕生石であるアクアマリンという名前の牡蠣もあったのだ!
こちらもなかなかおいしかった。
いや〜、やっぱりオイスターバーはおいしい牡蠣がいっぱい食べれて楽しいね!

オイスター.JPG
牡蠣勢ぞろい!

2.ファッションショー体験
えみこちゃんが雑誌の応募で当たったファッションショーに誘ってくれたので、人生で初めてのファッションショーを見に行ってきた。
ERMANNNO SCERVINO(エルマンノ・シェルヴィーノ)というイタリアのブランド。
申し訳ないけどこれまでこのブランドは知らなかった。
でも!かわいくて私も着てみたいわ〜というものが多かった!
かばんも使いやすそうかつデザインがかわいいものがいくつもあった!
自分が着こなせるか否か&それを買う経済的キャパがあるかは別として。
ジローラモさん、とよた真帆さん、藤原紀香さんなどのセレブも来ていた。
さすが!
でも私には有名人アンテナがないので全く気付かなかった・・・。
えみこちゃんに教えてもらわなければ気付かないまま終わっていたであろう。
このブランド、非常に気前がよく、ファッションショーのあとのカクテルパーティーで軽食&お飲み物もたっぷり出ていた。
テーブルに置いてあるものだけでなくウェイターさんが回ってくれているのをいいことに我々はお腹がいっぱいになるまで食べてしまった。
シャンパンも3杯ほどいただいた。
こういうときほんもののセレブはちょっとしか手をつけないのだろうけど(汗)
さらにオドロキなことにおみやげにキーホルダーまでいただいた!

おみやげ.JPG

う〜ん、ほんとによい体験になりました!

posted by しのぶ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

フィンランド第2日目(サンタクロースに対面!そして!)

フィンランド第2日目は、この旅一番興奮したと言ってもよいかも。
その原因は後ほど。

まず午前中はまた町をブラブラしてみた。
前日は夕方ということもあって人も少なめだったけど、昼間は人もそこそこいて賑やか。
町を一回りしたところでランチを食べに世界最北のマクドナルドに行ってみた。
特に「世界最北」を銘打つこともなく、ふつ〜のマックでメニューも普通だった。
日本だったらお店の一番目立つところに「世界最北」とかいう垂れ幕とかかかってそうだけど。笑

〓〓〓0003.jpg
こちら、世界最北マックのフィレ・オ・フィッシュとサラダ。

ランチ後はなんと!サンタクロースに会いに行った。
このサンタクロース、ロヴァニエミの町から北へ8キロ、バスで15分ほど行ったところにあるサンタクロース村にいるのだ。
どうでしょうファンの方なら「北欧リベンジ」でおなじみでしょう!
そしてここにはちょうど北極圏の境目があるのだ。
我々は乗っていったバスが知らない間に北極圏を越えてしまい、後から慌てて自分の足で北極圏越えをやり直してみたのだけど・・・。
さて、肝心のサンタ、サンタクロース村の中にあるサンタクロースオフィスにおりましたよ。
オフィスの中に入ると壁に各国の有名人とサンタのツーショット写真がずらり。
ちなみに日本の写真は優香だった。
どうでしょう班にしてくれればいいのに。チェッ。
このサンタとの写真、自分のカメラで撮るのは禁止でオフィスのカメラで撮ったものを欲しければ買い取るというもの。
1枚19ユーロ(たしか、2枚で34ユーロ)と非常に高い!
我らはいらないよね〜と言っていたけど、いざサンタに会うとそんな意思はガラガラと音を立てて崩れた。
だって、実際のサンタは夏なのにしっかり毛糸の靴下まで履いて、あのどうでしょうで登場したときと同じように日本の各地の地名を連発し、挙句の果てに「ゲッツ!」とちょっと古いギャグまでおみまいしてくるんだもん。
ついついボーっとなって、なかなかないことだしね、と写真を購入してしまった。
まあ、ほんとになかなかないことなので記念としてよしとしよう。
ただ1つ心残りなのは、サンタに最新の日本のギャグを教えるのを忘れたこと。
さすがに「ゲッツ!」は・・・。

ちなみに、サンタクロース村にはサンタクロース・ポスト・オフィスがあり、サンタからの手紙を依頼することも可能。
こちらも1通6ユーロとややお高めだけど。

町に戻り夕食を済ませた後は、この旅で私が最も興奮したイベント!
それは、夜行寝台でのヘルシンキまでの移動。
この寝台電車が非常によかった!
車両が新しくなったばかりらしく、我らの予約した2階建て寝台車両の2階の個室には、なんと、トイレ・シャワー室付きなのだ。
電車の中だしシャワー室といっても浴びにくいのだろうなと思っていたけど、なんのその。
電車の中とは思えない立派なシャワー室で快適にシャワーを浴びれたよ。
ベッドは2段ベッドで、各ベッドにアラーム時計やライトもついているし、コンセントもあり、掛け布団、枕、バスタオル、フェイスタオルも設置されている。
電車に乗車してから寝るまでの数時間、興奮しっぱなしであったよ。
この夜行寝台に乗る予定の方は、2階建て新車両の2階の個室にすることをオススメします!
この新車両じゃなく普通の寝台車両も古めではあってもキレイにメンテナンスされていたので、こちらでも十分快適だと思われる。

というわけで、12時間の快適な旅の後、翌朝にヘルシンキに到着〜と相成りました。

<おまけ>

〓〓〓0001.jpg 〓〓〓??я??0004.jpg
左:フィンランドで初めて食したアイス。キャラメルピーカン味(2ユーロ)。ほどよい甘さでおいしかった!
右:夕食で食べたラップランド風前菜。トナカイ肉やサーモン、にしん(たしかにしんだったと思う・・・)のタマゴなどなど。なかなかおいしかった。
posted by しのぶ at 22:36| Comment(7) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンランド第1日目(初北欧に上陸!)

さてさて、ついにフィンランドの旅レポに着手いたしますよ。
今回、EOS(一眼レフ)とサイバーショットの両方を持参して写真を撮ってきたので、風景を主に撮ったEOSの写真はフォトログに載せて、食べ物写真を撮ったサイバーショットの写真はこちらに載せていくつもり。
最終的に、このブログとフォトログを同時に見ると文章と写真の両方を堪能していただける!という魂胆。

ちなみに、一緒に旅したえみこちゃんはすでにホームページに旅の模様をアップ済み。
費用のことなどなど詳しく書いてあるので、参考になると思います!

ダイヤ ダイヤ ダイヤ

さてさて、フィンランド第1日目。
今回はフィンランド航空を利用して関空→ヘルシンキ→ロヴァニエミという航路。
なんと、ヘルシンキ→ロヴァニエミ間の国内線は、自由席だった!
搭乗券の座席番号には"FREE"の文字!こんなの初めて!
フィンランドで最初に訪問したロヴァニエミという町は、ラップランドという地方に位置し、北極圏にも程近い。
田舎町〜というかんじで森も多くてのんびりしてるし、夕方ともなると風も涼しくてよい気持く川辺の散歩に最適。

ロヴァニエミに到着したのは夕方だったので、しばらく川辺を散歩してさっそく夕食に!
小ぢんまりした町で主だったレストランはホテル内にある模様だったので、我らも宿泊したCityHotelのレストランでフィンランド料理を食してみた。
はい、こちら。

〓〓〓〓??0002.jpg

トナカイ肉です!
右の器に入っているベリーのソースをかけていただく。
トナカイ肉って臭味があるのかしら〜と思ってたけど、意外と食べやすく美味だった。
ベリーのソースは甘くてフシギなかんじだけど味に変化がつけられて私はOKだった。
えみこちゃんはNGぽかったので、好き好きかな。

この日、とてもフシギな体験を1つした。
それは、ほぼ白夜を体験したこと。
夜中の12時になっても空はまだまだ夕方になり出したくらいの明るさで、夜中もしばらく起きていたえみこちゃんによると、夜中の2時でも夕方っぽく、朝の5時には明るくなっていたらしい。
さすが、北極圏近し!
夏にこれだけ日が長いとウキウキワクワク楽しげだ。
夏のフィンランドはこういう面でも行動がしやすそうと感じた第1日目だった。


posted by しのぶ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(1) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

フィンランドから帰ってきました!

一昨日フィンランドから帰ってきました!
フィンランド、さすがは森と湖の国だけあって、キレイで非常によかった!
物価が高いのはちょっと痛かったけど、よい旅行になったと思う。
旅の模様&お写真は徐々にアップしてきます。
どれだけかかるか分からないけど・・・がんばります!
まずは社会復帰をがんばるよ。
仕事復帰2日目だけど、まだぼんやりしがちなのであせあせ(飛び散る汗)

〓〓〓〓〓〓1.jpg 〓〓〓〓〓〓2.jpg
とりあえずお写真を2枚だけどうぞ。
posted by しのぶ at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

フィンランドに行ってきます!

ふっ〜、準備が終わりました。
フィンランド旅行の!

明日からフィンランドに行ってきます!
初北欧、かなり楽しみ!
ちゃんと一眼レフも持っていって写真も撮ってくるつもり。

そして、久々のえみこちゃんとの海外旅行。
これもまた楽しみ。

明日は早起きなので、寝坊しないようにがんばります!
posted by しのぶ at 16:36| Comment(3) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

パンケーキと花火

そろそろ梅雨明けかなと思われるこの週末。
今日もお昼にパラッと雨が降ったけどあとは良い天気でありました。
やや暑かったけどお出かけ日和だったし、ちょろっとお出かけしてきた。

まずは、こちら。

パンケーキ.JPG

かわいいでしょ。
これ、実はパンケーキ。
高円寺にあるパンケーキデイズにて食せるのだ。
このお店は中のインテリアも可愛くて、パンケーキもおかず系からスイート系までありメニューが豊富。
ちなみに私が注文した上の写真のパンケーキは夏季限定のもの。
ミニパンケーキ7段重ね(!!)にアイスが乗っかり、周りにココナッツソースのからんだキウイとパインが飾られている。
かなりボリューミュー、でも、優しいお味でおいしい!
吉祥寺にもあるらしく、こちらはまたちょっとメニューが違うようなので、また試しに行きたいわ。

さてさて、パンケーキで腹ごしらえしてから、立川の昭和記念公園の花火を見に行ってきた。
今年初花火!
立川の花火は初めて行ったけど、他の江戸川とか東京湾より花火は小ぢんまりというかんじ。
でもメイン会場を外せば混み具合もそこそこだし、ゆっくり見れるかも。
花火開始20分前に会場に到着したけど、余裕で観覧場所を確保できた。
帰りも電車で座れたし!
今年はいくつの花火大会に行けるかな?

立川花火.JPG
日本の夏は、ビール片手に花火だね!
posted by しのぶ at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

サクマ式ドロップスとサクマドロップス

昨日のお昼休み後、おトイレで歯みがきしていると一緒に歯みがきしていた先輩からこんな質問が。
「しのぶちゃん、サクマドロップスといえば入れ物の缶の色は何色?」
昔のおぼろげな記憶を頼りに私は答えました。
「緑色!!」

すると先輩はムフフというかんじで、「緑色か〜、じつは赤色があるのも知ってる?」とおっしゃるではないですか。
実は『サクマ式ドロップス』と『サクマドロップ』が存在していて、それぞれ缶の色が違うということ。
前者は佐久間製菓株式会社が製造していて缶の色が赤、後者はサクマ製菓株式会社が製造していて緑色らしい。
中に入っているフレーバーも微妙に違う。
この2つの会社、もともとは1つの会社だったのだけど、戦争で砂糖の供給が止まり会社は解散となってしまったものが、戦後に元番頭と元社長の息子がそれぞれに会社を興したため、別々の商品が存在しているらしい。
先輩によると緑缶は主に長野近辺に出回っているらしいけど、インターネットを見ると地域は特に関係ないというものもあり。
確かに私は山梨出身なので、緑缶に馴染みがあるというのは頷ける。

が、こうやってリサーチしつつ赤缶のほうも見ていると、こちらも子供の頃に見た気がする。
缶のイメージは緑色なんだけど、中のフレーバーやドロップの形、粉がまぶしてあるところは赤色のほうに馴染みがある気が。
途中で引っ越したからどちらも見たことがあって記憶がごちゃまぜになっているのか・・・。
それとも山梨にはどちらも存在したのか・・・。
う〜ん、どうなんだろ?
みなさんは、サクマドロップスといえば缶の色は何色ですか?
posted by しのぶ at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。