2005年02月09日

ジャズライブ初体験☆

今日は、ジャズレストランに行ってきた。
私の人生において、ジャズの生演奏を聴くのはこれが初めて。
ジャズは私の生活の中ではあまり馴染みがなかったのだけど、職場の後輩のお友達であるSteve Sacks氏がライブをするので聴きに行こうと誘われたので、折角のチャンスだし喜んで参加させていただいたるんるん

会場は六本木にあるサテンドールというジャズレストラン。
広くてなかなかよい雰囲気で、お料理もおいしいレストランでした。

そして、本来の目的であるジャズライブもとってもエンジョイしたわーい(嬉しい顔)
ジャズの名曲と日本の童謡をアレンジして演奏してくれたりして、ジャズにあまり馴染みがない私でもとても楽しめた。
そして、ジャズのリズムって心地よいな〜と感じた。
生バンドは音が体に響いてくるので、やっぱよいね!

今日、私が一番気に入った曲は、ピアノを演奏していた方が生まれたばかりの姪っ子さんのために作曲されたという「リリィ」という曲。
かわいい赤ちゃんがコロコロと遊んでいるような雰囲気と、赤ちゃんのこれから先の人生に明るい光が射していて、希望に満ちている雰囲気が感じられてとても心が温かくなる曲だった。
自分の大切な人に、あんなステキな曲を作ってプレゼントできるなんて、才能のある人はすごいな〜と尊敬することしきり。

そしてそして、今回の演奏のリーダーであるSteve氏の日本語もとってもかわいかった。
外国の方としては流暢に日本語をあやつっていらっしゃったのだけど、たまにかわいらしく間違えた使い方をしていた。
笑顔の優しい方で、それが演奏に現れていた。

本格的にジャズを聴いたのは今回が初めてだったけど、ジャズはなかなか私の好みだということが判明。
とくにパーカッションが際立っている曲が好きかも。
パーカッションの音を楽しむにはやはり生で聴くのが効果的だと思うので、また行きたいものだなぁぴかぴか(新しい)
posted by しのぶ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

銀のエンゼル

昨日、映画『銀のエンゼル』を観てきた。
ずっと観たいと思っていたのだけどなかなか行けず、東京では公開が1/28(金)までということで滑り込みセーフダッシュ(走り出すさま)

映画 映画 映画 映画 映画

『銀のエンゼル』は北海道を中心に活動をしている鈴井貴之氏(ミスター)監督作品で、北海道の田舎町にあるコンビニが舞台の映画。
ミスターファンということを除いても、よい映画だったと思う。
北海道が舞台の映画といったら、草原や白銀の世界とかの大自然が全面に押し出されるイメージがあるけど、『銀のエンゼル』は北海道出身のミスターが監督だからこその視点による北海道の風景がな〜んとなく心に染みてきた。
ミスターならではの笑わせてくれるポイントも散りばめられていた(特にバナナ男と高校教師のブリッジ!)。
あと、主演の小日向文世さんがいい味出してて、気の弱〜いいいおじさんぶりを発揮していた。
この映画のストーリーと小日向さんが持っている雰囲気がよく合っていたと思う。
全体的にストーリーは淡々としているけど、心がほんわかあたたかくなるような映画だった猫

心温まりたい方はゼヒ見てみてください。
東京だと新宿のシネマミラノで1/28(金)までです!
お急ぎください!

映画 映画 映画 映画 映画

*ちなみに、『銀のエンゼル』にも出演の大泉洋氏が出ている『救命病棟24時』の本日のオンエアもつつがなくチェック。
緊迫するストーリーの中でほっと落ち着ける役どころを見事に勤め上げておられました!
posted by しのぶ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

MONO公演を観劇

今日は以前このブログで映画『約三十の嘘』について書いたときに紹介したMONOという劇団の『相対的浮世絵』東京公演を観に行ってきた。MONOはお友達のえみこちゃんに紹介してもらってから何回か観ているのだけど、結構好きな劇団(ちなみに、今日はえみこちゃんと観劇に行ったので、彼女のブログもこの公演に関する話題だ。)。この劇団、本がとてもよいと思う。笑いと真面目がバランスよく散りばめられている。ここでいう「真面目」とは作品を通して伝えたいメッセージというかテーマみたいなものかな。そして、それを演じる役者さんたちの“間”がよい。笑いを誘う“間”である。

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ

今回の公演は今までいくつか観た中でも特によかったと思う。うるっと来るとこもあったり笑えたり。今回は特にうるっと度が強かったかも。そして時間があっという間だった。1時間半から2時間程度の公演だったと思うんだけど、1時間経ったかな?くらいの感覚だった。それだけ夢中になっていたということだろう。劇場のイスの背もたれが直角で、さらに座面が硬くてお尻が痛くてちょっとつらかったけど、それは劇場の問題なのでしょうがないだろう・・・。

ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ ダイヤ

舞台って役者さんの声や間合いを生で感じることができるので好き。自分も参加している気分になれるしね。舞台に興味のある方は東京公演は12月28日までやっているそうなので、足を運んでみてくださいな。明日はイブということもあり、空きがあるそうです猫
posted by しのぶ at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

約三十の嘘

今日は『約三十の嘘』という映画の試写会に行ってきた。
感想は、まぁよしというかんじ。
未公開の映画なのでネタバレできないから詳しいことは書けないけど、私としては終わり方がもうちょっとぱりっとしてるほうがよかったかも。
面白かったことは面白かったのだけど、ふぅ〜ん、というかんじですーっと終わってしまった感がある。
でも、妻夫木くんはかっこよかったハートたち(複数ハート)

映画 映画 映画 映画 映画

この映画、もともとはMONOという劇団が舞台公演をした作品で、映画の脚本もMONOの代表の土田英生氏が書いているペン
そのためか、映画の特に前半は舞台っぽい台詞回し感が多かったかも。
あの台詞回しは舞台で生でみたほうが台詞のテンポが心地よいかな。
映像にしてしまうとテンポが若干崩れてしまっている気がした。
話自体はしっかりしてるので、この作品は舞台で見たほうがおもしろいのかなぁと思った。

映画 映画 映画 映画 映画

今までMONOの作品をいくつか観たけど、なかなかオススメです。おもろいよひらめき
だから『約三十の嘘』も先にMONOの演技で見てみたかったなと思う。
年内中にMONOの公演を観に行く予定(『約三十の嘘』ではないけれど。)。
これは非常に楽しみ揺れるハート。今日の若干の不完全燃焼をここで発散させたい。
posted by しのぶ at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

Mr. インクレディブル

今日はMr.インクレディブルを観てきた。Disneyの映画ね。
感想は・・・おもろかった!!!アホさが痛快わーい(嬉しい顔)
頭の疲れている私には何も考えず笑える映画であった。
Disneyといえばお子様向けと思う人も多いかもしれないけど、この映画、大人でも十分楽しめると思う。
私は特に映画のジャンルにはこだわりはない。
面白そうであれば、小難しそうな話からアニメまで基本的に何でも観に行ってみる。
というわけで、インクレディブルも同期から「ぷっ」と失笑されながらもめげずに観に行ったけど、やはり観に行ってよかった。
久しぶりに大笑いした気がする。
隣に座ってたお兄さん、うるさくてごめんねと後でちょっと反省したがあせあせ(飛び散る汗)

夜 夜 夜 夜 夜

さてさて、今日の映画は六本木ヒルズで観たので、帰りにけやき坂のイルミネーションを見てきました。
キラキラととてもきれいだったぴかぴか(新しい)。並木のイルミネーションと東京タワーが同時に見える。
歩道に写真撮影ポイントという目印まであって、その周辺では三脚付きのカメラで準備万端の人々がバシャバシャと写真を撮っていた。
私もつられて携帯カメラで撮影。
暖かくてあまり実感は湧かないけど、もう12月なのねぇ。

けやき坂
カメラ 奥にうっすらみえる赤い棒のようなものが東京タワーです。
posted by しのぶ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

アレグリア2

今日は『アレグリア2』を観に行ってきた目。『アレグリア2』はカナダのケベック州を本拠地とするサーカス集団『シルク・ド・ソレイユ』の今回の公演名。サーカスといっても、シルク・ド・ソレイユは生演奏の音楽に合わせて1つの話の流れの中で芸が披露される。芸も象がパオ〜ンとかいうのではなく、大道芸の“もんのすごい”高度&大掛かりなやつというかんじかな。ほんと人間業とは思えない犬。『サルティンバンコ』で初めてシルク・ド・ソレイユの公演を観てからファンになり、『キダム』、今回の『アレグリア2』と毎回かかさず観ている。今日の『アレグリア2』もとってもよかったわーい(嬉しい顔)。私的には前回のキダムより好き。前回のキダムは動きはあっても「静」というかんじで、今回のほうが「動」に感じた。全体的にも前回より明るいイメージかな。特に、Clown(ピエロね。)が味があってかわいかったハートたち(複数ハート)。お祭りチックなものが好きな私の好みに合っていて非常に楽しめた。あっという間の2時間半だったよ。みなさんにもオススメします!まだ公演が開始されたばかりだけど、次回作もゼヒ観に行きたいなぁぴかぴか(新しい)

アレグリア
カメラ 原宿の特設テントイベントビッグトップイベントでやっているよ。

さてさて、今日の夜ご飯は、中野のおいしいカレー屋さんに行ってきたレストラン。その名も『伽哩人』!野菜カレーがおいしいらしいのだけど、野菜の高騰の影響で、野菜カレーの値段も上がっていた・・・ふらふら。なので、今回はポークカレーに挑戦!ポークも柔らかく、ルーの中に入っているひよこ豆が非常によいかんじだった。偶数月には“チーズカレー温玉のせ”がメニューに加わるようだ。それもおいしそう揺れるハート。ちなみに、このカレー屋さんの2件隣にあるラーメン(支那そば)屋さんもおいしそうだった。東京Vシュランで2位になったみたい。中野は今まであまり行く機会がなかったけど、なかなかよいお店がいっぱいあるとお見受けしたよ。

夜 夜 夜 夜 夜

今日はスバラシイ舞台を見ておいしい食べ物を食べて文化の日にふさわしい一日だったなひらめき
posted by しのぶ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

笑の大学

今日はもともと紅葉見物に行く予定だったけど、あいにくの雨雨だったので予定を変更して映画を観に行った。観たのは、三谷幸喜原作・脚本の『笑の大学』。

映画 映画 映画 映画 映画

簡単なストーリーは↓なかんじ。
舞台設定は昭和15年で日本が戦争に向かっている時期。演劇を上演するには当局の検閲が必要だった。笑いをこよなく愛する喜劇劇団の座付作家(稲垣吾郎)とこの時世に笑いは必要ないと考えている検閲官(役所広司)が笑いを巡る闘いを繰り広げるが、いつのまにか二人が協力して台本をどんどん面白いものに作り上げる方向に向かってしまい、二人の間に不思議な友情が生まれる。

映画 映画 映画 映画 映画

観た感想は、非常におもしろかった。特に役所広司の演技がスバラシイぴかぴか(新しい)。コメディなので観客を笑わせてやろうという気負いがなく、自然な演技で気難しい検閲官の滑稽な部分を存分に表現している。映画の間に役所広司の演技で何度笑ったか分からない。役所広司があまりにも素晴らしかったので、吾郎ちゃんの演技が力んでいるように見えてしまったのがちょっと残念だったけどバッド(下向き矢印)

私はもともと三谷幸喜の脚本が好き。ただただ笑わせてやろうという力の入った笑いではなく、笑いの中にもちゃんとストーリーとか考えさせることがあり、頭のよいコメディというところがよいわーい(嬉しい顔)。三谷幸喜はほんとに頭のよい人なんだなぁと思う。『笑の大学』も思いっきり笑った後に、最後はちょっとじ〜んと来てしまった。質のよい笑いを味わえる映画だと思うので、みなさんにもオススメしますひらめき

映画 映画 映画 映画 映画

今日は映画の後ブラブラしてて新しいお店の開拓をした目。自分用のメモのためにもここでご紹介することにします。

まずは、『ROMANDO ROLL』。私が行ったのは渋谷パルコ2の所に車で出店しているお店。マネーの虎で初めて虎となったデザート職人が考案した“フランスロール”というクレープに似たものが食べられる犬。見た目はクレープなんだけど、クレープにあらず。食感は非常にフワフワしていて、飽きがこない程度の甘さ。皮の間にもクリーム&具がはさまっているので、フワフワしているのだと思う。クレープの場合、甘さがしつこくて途中でもういっぱいと思うことが多いけど、このフランスロールは最後までペロっと食べれる手(チョキ)。具のメニューもいっぱいあったよ。

そして、ラーメン屋の『麺屋 武蔵』(新宿店)。ここは非常に有名だけど、今まで私が食べようとお店に行くと閉まっており、食べる機会がなかったふらふら。今日は雨も降っていたので空いているかなと思いチャレンジしてみると予想的中で、見事“初武蔵”を堪能することができたわーい(嬉しい顔)。スープはしょうゆ味でこってりとあっさりが選べる。私が食べたのは味玉らーめん、こってり。他の人の注文も耳をダンボ耳にして聞いていたがスープはやはりこってりが人気あるらしい。そしてチャーシュー麺を頼んでいる人はほとんどいなかった。チャーシュー麺にする代わりにチャーシュー入りご飯を食べている人が非常に多かった。きっとおいしいのだろう。次回は味玉ラーメン、こってり+チャーシューご飯を注文しよう。

もう1店は、新しくなった新宿MY CITYの中で見つけた雑貨屋さん、『petti coquin!』。ニューヨークで行った雑貨屋さん『PYLONES』の日本版であるようだ。ニューヨークのお店で店員さんから日本にも『PYLONES』の商品を扱っているお店があると聞いていたので、帰国後探していた。なかなか発見できなかったのだけど、偶然にも今日フラフラっと入ったお店がそうだった。ここの雑貨は色使いがポップで非常にかわいい。お友達へのプレゼントとかにもオススメハートたち(複数ハート)

クラブ クラブ クラブ クラブ クラブ

今日は雨だったからおうちでダラダラしてよっかな〜とか思っていたが、思い切ってでかけたおかげでいろんな発見ができてよかったよかった猫
posted by しのぶ at 23:53| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

ルミネ the よしもと

昨日は仕事帰りに『ルミネ the よしもと』を観に行ってきた。昨日の座席は舞台から正面の結構前の方でなかなかよろしい席だった猫普段は2時間のうち、ネタ半分、新喜劇半分だけど、昨日はすべてネタの日で有名どころの出演者は、だいたひかる、ガレッジセール、ロバートetc.。同行者の従妹はロバート目当て、私はガレッジセール目当てだった。が、結果的に従妹も私も目当ての出演者と全く違う出演者に大興奮した目それは、なんと!!!「もみじまんじゅうっ!!」でお馴染みのB&B!!!漫才ブームの一翼を担っていたあの、B&B!!!舞台横の画面に次の出演者が表示されるのだけど、B&Bと出たときは、初め「は?」だった。ベテランさんが出るわけないよね〜、違うB&Bだよね〜と言ってたら、ほんとにあのB&Bが出てくるじゃありませんかひらめきまぁ、ビックリよ。(ちなみにB&Bを知らない若いあなたはこちらのタレントサーチから調べてみてください。)

ダイヤダイヤダイヤダイヤダイヤ

彼らはベテランとあって、やはり、貫禄の漫才だったよ。喋りのテンポが全然違う。(特に洋七ね。洋八はうなずきトリオだからあいかわらずうなずいてた。)そして、笑いもバッカンバッカン取っていた。これこそ漫才ってかんじぴかぴか(新しい)最近は本格的な漫才があまり見れなくなったので、ほんと満喫したよ〜わーい(嬉しい顔)なにより洋八の顔を初めてしっかりと確認した。キャラは薄いが眉毛は意外と濃かった。笑

ダイヤダイヤダイヤダイヤダイヤ

B&Bを含めかなり大笑いして終了後は腹筋が若干痛かったあせあせ(飛び散る汗)よい腹筋の運動になったよ。そしておっきな声で笑ってかなりスッキリ。やっぱり生活には笑いが必要だね手(チョキ)またB&Bが出る日に見に行きたいものだ。最近の若手に多いコントもそこそこおもしろいが、本格的な漫才のほうが好きなので、ほかのベテランさんも出てくれればゼヒ見に行くぞ!

ダイヤダイヤダイヤダイヤダイヤ

まったく関係ないけど、さっき結構大きい地震があったね。
壁に立てかけてるスノボのボードがグワングワンしてたたらーっ(汗)
こわ〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by しのぶ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。