2005年11月06日

甲州印傳を見に行く

今日は甲州印傳のお店に行ってきた。
甲州印傳とは、山梨に古来から伝わる革工芸品で、鹿革を黒、紺、エンジなどに染色したものに漆で紋様をつけ、かばんなどに仕立てたものだ。
印傳は以前は古風な柄のものが多く、おばあちゃんが持っているみたいなイメージがあったけど、ある時、地元の友達が印傳の携帯ストラップをつけているのを見かけ、それが今までのイメージと違ってかわいい柄で意外と味があってよいなぁと思った。
印傳に対するイメージが180度変わった瞬間だ。
それから人生に1つくらいは印傳の品がほしいな〜と常々思っていた。
でも印傳なんて山梨に帰らないと買えないよねぇなんてちょっとめんどくさくなりかけていた。
このままではそのまま印傳のことすら忘れてしまいかねないので、自分の気持ちを盛り上げようとインターネットで印傳のことを検索してみると意外な発見が。
なんと、山梨では「山印(やまいん)マークの印傳屋」のCMでおなじみの印傳屋さんのお店が青山にもあるというのだ!
東京にいながらにして印傳ゲットのチャンス!

外苑前の駅から青山通りを赤坂方面にちょっと歩いたところにほんとに印傳屋さんはあった。
イメージしていたより広い店舗で2階まである。
そしてお客さんも意外と入っていた。
ちょっと失礼・・・?
でも山梨ではなく東京の地で、しかも若いお客さんもいて、正直ビックリしたのだ。
商品の品揃えもかばんから携帯ストラップやブックカバーなどいろいろなものがあり、色も柄もいろいろあった。
お値段も高いんだろうなぁ・・・と思ってたけど、小物だったら1000円くらいからあった。
高いと20万円のかばんなんていうものも!
もちろん私は高いかばんは目の保養だけで、小物を物色。
せっかくなので、長く使えるものがよいわ〜ということで、キーケースを買ってみました。

印傳.JPG
カメラ 小桜の柄のキーケース。

紺地に白色(というかベージュ)の柄は私の中で昔から持っていた印傳のイメージだ。
それでも小桜の柄なので婆くさくはなく、味がありつつかわいいんでないの〜と勝手に満足している。
やっぱり思い切って行ってみてよかったわ〜。
posted by しのぶ at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー、いいよね。
思いのほか若者にも人気で驚いた。
次のコネタはこれで行こうかしら?
Posted by えみこ at 2005年11月08日 00:24
青山にも印傳のお店があるなんて驚きです!!
甲州ブランドも東京進出してたんですね。たしかに印傳ておばあちゃんとか、お年寄りのイメージがあります。笑 しかもカバンとかって何気に高かったりして。小桜柄のキーケースとってもかわいいですね☆
Posted by くみ at 2005年11月10日 23:06
>えみこちゃん
ね〜、若い人もいてビックリよね。
キーケース、早速使ってるわよ。
いいかんじ。むふふ。
そうそう、コネタのアドレスをこないだ聞くの忘れちゃったので、携帯にでも送っていただけるとうれしいわ@

>くみちゃん
青山に印傳屋は本当に驚いたよ〜。
というか、山梨の中でもどこにお店があるかイマイチ分からなかったし。苦笑
エクランとかの一角にあるっていうイメージだった。
かばんはね〜、2万円くらいからあったよ。
意外とふつ〜よね。
Posted by しのぶ at 2005年11月13日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9039609

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。