2005年10月03日

シンデレラマン

ラッセル・クロウ主演の『シンデレラマン』を観てきた。
ラッセル・クロウ主演ということなので、う〜ん・・・と思ってたけど、私の好きなレネー・ゼルウィガーが出ているので観てみることにしたのだ。

どん底の生活から一夜にして栄光をつかんだ伝説のボクサーの話だったが、見た後の感想は・・・意外とよかった!
ただレネーを見るという目的だけでさほど期待していなかったのもよかったのかもしれないけど、ラッセル・クロウも結構よかった。
私生活では暴れん坊のウワサが多いけど、この役柄では家族思いの父親だったのであたたかさを感じた。
ボクサーの話だからボクシングシーンが何度も出てきて、そこは「う〜・・・もうやめてくれ〜」と目を背けてしまったときもあったけど、さすがにハラハラドキドキ感があった。
「頑張れ!勝つんだ!ジミー!(ラッセル・クロウの役名)」と体にめちゃくちゃ力が入って手に汗握るというかんじ。

そしてそしてやはりレネーはかわいい!
どんな役も見事に演じているわ〜。
いつもキュートだし。
もうちょっと出番あってもよいくらい!

というわけで、久々に、見た後に不満が残らない映画鑑賞だったグッド(上向き矢印)
posted by しのぶ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7653185

この記事へのトラックバック

「シンデレラマン」
Excerpt: 製作年度:2005年製作国・地域:アメリカ上映時間:144分監督:ロン・ハワード製作総指揮:トッド・ハロウェル原作:−脚本:アキヴァ・ゴールズマン 、クリフ・ホリングワース音楽:トーマス・ニューマン出..
Weblog: ブログ-M's BLOG-M[エム]
Tracked: 2005-10-06 01:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。