2005年08月21日

スイスへのたび(第5日目:スイス建国記念日)

時計8月1日(月)

8月1日はスイスの建国記念日。
となれば、なにかイベントがあるだろうと思い、次の町に移るのは午後にしてしばらくチューリッヒにとどまることにした。
ホテルの部屋で出かける準備をしていると、外からなにやら音楽が聞こえてくる。
やはりな!と外へ飛び出していってみると、パレードが行われていた。
みんな民族衣装を着て各町ごとの旗を掲げて歩いていく。
民族衣装をまとったおばあちゃんなどもいてとってもかわいかった。

建国記念日パレード.JPG
カメラ パレードを激写!

そのままパレードにくっついていき、式典も見物。
ドイツ語なので、なにを言っているのかまったく分からなかったけど、ホルンの演奏や歌が聴けたので自分なりに満喫。
たまたまこの日にチューリッヒにいてよかった!

ランチ用のサンドウィッチを調達し14:12チューリッヒ発のIRに乗車。
次に向かうのはマイエンフェルトという町。
ハイジの物語のモデルとなった町だ。
そして、どうバカとあれば思い出すであろう「かの土地」がある場所。
小さい頃にTVのアニメでハイジを見ていたし絵本も持っていたのでハイジには結構思い出があり、どうでしょうであの場面を見たときには、私もいつかは行くぞ!と心に決めていた場所だ。
そこにいよいよ行くことができる!

16:00マイエンフェルト着。
ひじょ〜に小ぢんまりした駅だ。
まずはホテルにチェックイン。
その名も『ハイジホテル』コテコテでしょ。
ホテルはまだ新しいのでとても近代的できれい。
部屋には液晶テレビが壁にかけられていた。バスタブもアリ。

ハイジホテル.JPG
カメラ 新しくてきれいな部屋

さっそく街へ出てみたけど、建国記念日だからか全く人を見かけない。
そして店も閉まっている。
スイスは日曜と祝日は飲食店以外の店はほとんど閉まっているようだ。
とりあえず街の中心まで行ってみた。
チューリッヒとは全く違ってすんごく小ぢんまりだけど、かわいらしい街だ。
今にもハイジが出てきそう。

マイエンフェルト街.JPG
カメラ 街の中心にある噴水

マイエンフェルトの街はほんとに小ぢんまりなので、さらっと見終わった。
さらに翌日行く予定の「かの地」への道のリハーサルということで、そこへ行くハイキングコースをちょっぴり歩いてみた。
平和にぷらぷらと歩いているといきなり道端に黒いでかい犬が。
しかも「ウ〜」とかうなってるよ・・・。
スイスに来てから見かける犬はみんないい子だったのに、こいつはたちが悪い。
ワンワンと追いかけられ、どんどん山のほうへ追いやられていってしまった。
コースのさわりだけをちょろっと歩くつもりだったのに、意に反して本格的なハイキングになってるじゃないか!
ブツブツと文句を言いつつも景色を見てみるとブドウ畑が広がり目の前には壮大な山が広がっていた。
う〜ん、ハイジ!翌日が楽しみ。

このまま歩き続けてもどんどん山に行ってしまうので、勇気を出して来た道を戻ってみた。
夕飯時だったからか先ほどまで道端にいたあの凶暴犬も家に帰ったようだ。ふぅ。
無事に生還し、夕食でも・・・となったが、なんせ建国記念日なので店がほとんど開いてない・・・。
駅前にあるホテル兼レストランが数軒開いている程度。
というわけで、数少ない選択肢のなかから魚が食べられそうなレストランをチョイス。
HIRSCHEN(ヒルシェン)というお店。
スイスに来てから魚を食べていなかったので魚が食べたい〜!と熱望。
サーモンのソテー+クリームソース(ライス添え)、サラダ、ビールをオーダーした。
まぁここでいっかというかんじで入ったお店だったけど、なかなかのお味だった。

サーモン.JPG
またちょっと食べちゃったけど、写真におさめました。
ライスの上にのっかっているのはイチゴ。
なぜイチゴ・・・?だけど、他は美味!

満腹でホテルに戻ると外から花火の音がする。
建国記念日を祝う花火だ!
ホテルの最上階(といっても3階)にある食堂にいくとチラチラと見ることができた。
日本の花火よりシンプルだけど、異国の地で見る花火はまた違った感動があった。
お腹も心も満たされて、翌日に備え就寝。
いよいよ「かの地」に行くぞぉ!!!
どうバカのみなさま、もうどこだかお分かりになっていると思いますが、お楽しみに!


posted by しのぶ at 00:15| Comment(8) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとうにスイスっぽいパレードだねぇ。
こういうお祭りにあうと嬉しいね。

ピラトゥスもいかにもスイスという感じでいいね。
体感すると100倍いいんだろうと思う。
やっぱり山梨の山とは雰囲気が違うね。
まだ長野のほうがイメージに近い。
あー、やっぱりスイスいいよ!!


Posted by えみこ at 2005年08月23日 01:54
ぷぅこは、日本で無事と激写と激写をチョイスしたかった。


Posted by BlogPetのぷぅこ at 2005年08月23日 11:50
マイエンフェルトときくだけで、心ときめいてしまいました(笑)
あの噴水はもしや、アニメでハイジが水を飲む噴水でしょうか…?
うう、何故か既に涙目です…アホアホです…。
「かの地」レポ楽しみにしております〜!!
Posted by ぐら at 2005年08月23日 12:57
私は海外事情は全然知らないんですが、
日・祝日ほとんどお店休みなんですか!?
日本だったら、なんか稼ぎ時のように思いますが〜
外国の花火ってみたことないんですけど、基本は日本と同じなんですか!?
建国記念日で花火なんてかっこいいですよね☆
Posted by くみ at 2005年08月23日 22:30
すごいな、
大自然と美味しそうな食べ物☆
同じ視点で旅している気分になりますね。

イチゴライス??
イチゴ大福とは…違いますよね(笑)
現地の人は一緒に食べるんですかね〜?

続き楽しみにしてますね(^^)
Posted by masasuke at 2005年08月24日 00:10
>えみこちゃん
偶然お祭りに出会えると得した気分になるよね!
山梨っ子としては山を見慣れているつもりだったけど、スイスの山はやっぱり全然ちがったよ〜。
壮大さが。
山の上に列車で簡単にいけるので、壮大な景色を見やすいのもよいよね。

>ぐらさん
マイエンフェルト、心騒ぎますよね〜。
たぶん、アニメでハイジが水を飲んでいたのはハイジの泉ではないかと思うので、これとは違うと思います〜。
紛らわしくてすみません。
「かの地」レポ、停滞してしまってますが、近日中(できれば明日!)にはアップしますので、お待ちくださいね〜。
こちらも涙目ですよ。笑

>くみちゃん
ヨーロッパの国は日祝にお店が休んでることが多いんじゃないかな〜。
あ、でもEUができてからは違うらしいけど。
彼らのやる気のなさはある意味感心するよ。
日本のお店のサービスってすごいわってかんじ。
花火は日本とだいたいおんなじだけど、丸型が多くて日本のようないろいろなバリエーションはないかんじだったよ〜。

>masasukeさん
スイスでは自然に触れて、食べて、ばかりをしていた気がします。苦笑
ライスはイチゴライスというより、普通のライスの上になぜかイチゴが1個だけぽこっと乗っかっちゃってるというものでした。
日本人の私は脇によけておいて最後にイチゴだけ食べましたが、現地の人はどうなんでしょう・・・?
休日でレストランに他の客がいなかったので、観察できませんでした。
残念です^^;
Posted by しのぶ at 2005年08月25日 23:27
いいねいいね!街も山も川もおいしいものも、
みんな素敵!
ハイジホテルのお部屋も、これまたかわいいし!
そしてそして、「かの地」のレポ、とっても楽しみです♪
Posted by はるか at 2005年08月27日 11:34
はるかさん、
スイスはほんとにご飯がおいしかった!!
パンなんか外がカリッとで中がモッチリ♪
ハイジホテルはピカピカできれいでした〜。
でも宿泊客をあまり見かけなかった。
経営は大丈夫なのかな〜なんていらぬ心配をしてしまいました。苦笑
「かの地」レポ、これから書くつもりなので、お待ちください@
Posted by しのぶ at 2005年08月27日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。