2005年08月16日

スイスへのたび(第3日目:大迫力!ラインの滝!)

時計7月30日(土)

スイスにやって来て早3日目。
今までは街な部分を見てきたけど、いよいよスイスの自然に触れ合いに行く!
スイスの自然といったら、山とお思いでしょう?
山はまだちょっとお預け。
まずは水の自然。そう、滝!!!
ヨーロッパ随一の水量を誇るラインの滝を観に行った。

まずは、チューリヒからIR(インターレギオナルという特急)に乗り込みラインの滝に近い街であるシャフハウゼンに向かった。
約40分でシャフハウゼンに到着。
そこからはバスに乗り(これもスイスパス有効黒ハート)、10分程でRheinfall(ラインの滝)に到着。
バス停から少し歩いていくと水の落ちるゴー!という音が!
まだ滝の姿は見えていないのに!
さらに少し歩くといよいよラインの滝さんの姿がお目見えした。

ライン滝1.JPG

それなりに迫力はあるけど、まだ少し遠い感じがしますね〜。
実は、ボートに乗って真ん中に写っている岩まで行って上陸することができる!
もちろんボートに乗車船

ライン滝2.JPG

岩が近づいてきた!
写真を拡大すると人がいるのが分かる。
岩に上陸すると滝の迫力は百倍増!

ライン滝3.JPG

ね。すごいでしょ。

さらに、この岩から最初に乗車した岸との対岸まで行ってみた。
対岸に上陸すると坂を登って高いところから滝とその周りの景色が見られる。

ライン滝4.JPG

これが高台から見た景色。
滝から流れ落ちた水の流れの勢いがこれまたすごい。
対岸は最初にいた岸。
写真を拡大してみると奥に小さくボートが見える。
こんな不安な感じのボートで滝に近づいてこちら側に渡ってくるのだ。
結構スリリング!

こちら側の岸では有料展望台(1スイスフラン(約90円))に行くと、滝の水がかかるほど近づくことができる。
有料というところに一瞬迷ったけど、折角ここまで来たのだから滝のマイナスイオンを浴びに行くことにした。

ライン滝5.JPG

展望台からの景色。
左側にさっきまでいた岩が見えますね〜。
手を伸ばせば滝の水が触れそうなくらいで、ゴー!!という轟音がすごくてしばし圧倒されつつ滝を眺めた。
きっとマイナスイオンも浴びまくったことであろう。

気がつくと2時間近く滝を眺めていた。
すごい勢いで水が落ちているので常に滝の表情が変わり、いつまで見てても見飽きないのだ。
滝の写真もかなりの勢いでバシャバシャと撮りまくった。

たっぷり滝を堪能してからソーセージとソフトクリームのランチをとった。
我ながらすごい組み合わせ。
でも、どちらも激ウマ!

さて、シャフハウゼンへの帰り道では、ライン川にかかる橋を歩いて渡って、また違う角度からラインの滝を眺めた。
橋からは滝がちょっと遠くなるので迫力は落ちるけど、今まで見てきた景色の全景を見ることができ、それもまたよし。

すごいぞ!スイスの自然!
かなり癒された!
大満足でチューリッヒに帰っていった電車
posted by しのぶ at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、満喫してますねぇ。
いいなあ、スイスはホントいいね!
それにしてもこの滝、高さはどれくらいなんだろう?
写真からは想像しづらい。
まだまだ旅も始まったばかりなのにこの充実度。
これからスイスといえば……のあの山々も出てくるのよねえ。
楽しみだわー。
Posted by えみこ at 2005年08月17日 00:23
水の自然すごいですね〜。
滝の写真は拡大すると、ほんと迫力です!!
間近でみる滝ってかなり楽しそうですね〜!

前日のメインストリートとか橋からの写真とかも、やっぱり日本と違いかわいらしく絵になりますよね。
特にあのクマの写真!!拡大するとかなりクマの表情とか、なんかまぬけでかわいらしくてウケました☆笑

Posted by くみ at 2005年08月17日 23:27
>えみこちゃん
スイス、ほんとよいよね〜。
ラインの滝はねぇ、落差はそんなにないのよ。
23メートルだって。
でもね水量がものすごいの。ハンパない!
スイスといえば・・・のあの山々ももちろん登場よ!
お楽しみに★

>くみちゃん
滝ってただ水が落ちてるだけなんだけど、不思議と見てておもしろいよね〜。
クマ、まぬけよね。
なんか中におっさんが入ってるんじゃないかと思ったよ。笑
Posted by しのぶ at 2005年08月19日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5962945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。