2005年08月15日

スイスへのたび(第2日目:ベルン訪問)

時計7月29日(金)

この日はチューリッヒからベルンまで出かけていった。
ベルンはスイスの首都で町自体が世界文化遺産に登録されているので、ゼヒ訪れたかったのだ。

まずはチューリッヒ中央駅に向かう。
このスイスたび全体をとおして、私達はあらかじめ電車の時間を調べるということをしなかった。
適当に駅に行き、そのときに乗れる電車に乗るという方式を取ったのだ。
電車は結構頻繁に(といっても30〜1時間に1本くらい)でているので、このほうが時間に拘束されなくて気軽なのがよかったのだ。
というわけで、駅の掲示板で電車をチェックしてホームへ向かった。

内.JPG
カメラ チューリッヒ中央駅構内。
右奥にある青い掲示板が電車の時刻表で、時系列で電車の行き先、停車駅、発車ホームがどんどん更新されていく。
分かりやすい表示でかなり助かるもの。

11:00チューリッヒ発のIC(インターシティという特急)に乗り込みベルンへゴー!
チューリッヒを出発して少しするとのどかな畑風景が広がった。
そして、ベルンに到着するまでにいくつもトンネルを通過した。
スイスって山国なんだなぁと改めて実感。

約1時間程でベルンに到着。近い!
さてさて、ここからはメインストリートを旧市街に向けて通り抜けて街全体を見学することにした。

ベルン:メインストリート.JPG
カメラ ベルンのメインストリート
奥に見えるのがシンボルの時計台。なかなか圧巻でしょ。

てくてくとメインストリートを歩いていくと脇に小さなマーケットと広場があって、なかなかよいところだった。
広場では地面の上に巨大チェス盤が舗装されていて、そこでおじさんたちが真剣にチェスをやっていた。
日本だったら道端で将棋というかんじだろうか。
やはり将棋でなくチェスというところにオシャレさを感じた。
マーケットで売っていたアイスを食べながらしばしチェスを観戦。
できればチェスの光景を写真に撮ってご披露したかったのだけど、あまりに真剣な試合振りでカメラを取り出す勇気がなかったです・・・。
許してね。
あ、アイスはめちゃウマ!ミルクが違うのかなぁ。

またメインストリートに戻り旧市街に向かって突き進んでいった。
世界文化遺産に登録されているだけあって、チューリッヒより歴史あるかんじの街並みで味があった。
ただ、途中から大規模な工事をしていたのが残念。

この日もよく晴れてかなりの高温。
気付くとかなりの距離を歩いていて、そろそろ体力も・・・となったころ、目の前に橋が現れた。
これで街の中を通り抜けたことになる。
やった〜!と特に意味のない達成感とともに橋からの景色を楽しんでみた。

ベルン景色.JPG
カメラ 橋からの景色

橋の下に流れるアーレ川の水の緑色と歴史ある街並みがとてもきれい。
スイスの川や湖の水は透明感のある緑色でとてもきれい。

橋を渡り終えると、「ベルン」の町の名前の由来で町の象徴でもあるクマ達がいる熊公園にたどり着く。
濠の下に数頭のクマがいるだけの小さい公園だったけど、ここにいるクマにはかなりうけた。
クマといえば猛獣!だけど、ここのクマは観光客にすっかり餌付けされていて愛想を振りまくっているのだ。
上を見てちょーだいとおねだりして、投げられてきたエサを口でキャッチする姿に勇ましさがまったく感じられず笑えた。

熊公園.JPG
カメラ こちらが熊公園のクマさんたち

熊公園を出て急坂をゼーゼーいいながら登ると、バラ公園にたどり着いた。
高台になっているバラ公園からはベルンの街が一望できて、登ってきた甲斐アリ!

バラ公園からの景色.JPG
カメラ バラ公園からの景色

帰りはさすがに歩きつかれてトラムに乗車して街の中心まで戻った。
ベルンでもスイスパスでトラム&バスが乗り放題なのだ!
さらに街の中心をうろつき、満足したところで宿のあるチューリッヒへと戻っていきました。
posted by しのぶ at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高温や景色を通過したかったの♪


Posted by BlogPetのぷぅこ at 2005年08月16日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。