2005年07月13日

おきなわ旅行_アクティビティ編

前に書いた父親の検査の結果が先週の金曜日に出るということで、先週はソワソワ気分が続き、ブログ更新にまで手が回らなかったたらーっ(汗)
結果が出て、今回は一応セーフということになりました。
お医者さんが大丈夫と太鼓判を押したわけではなくグレーな結果でこれから検査を増やして経過を見ていくことにはなったけど、取りあえずは安心。
そして、今回の騒動で、父親の病気の進行に対して自分の中でもある程度の覚悟ができた。
それは収穫だったかも。
ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。

ダイヤ ダイヤ ダイヤ

さてさて、この騒動のなか、決行が危ぶまれた沖縄旅行にも無事に行ってまいりました。
人生初のおきなわ。
おきなわでの『アクティビティ』、『食べ物』、『ショッピング』に分けてみなさまにレポートしていきたいと思います!
まず、今日は『アクティビティ』から。

7月9日
10:35羽田発のANA便で那覇空港へ。
このANA便、ピカチュウ便なるもので、機体全体にびっしりとピカチュウのイラストが描かれている。
搭乗口からこの飛行機を見たときはうわぁ〜とのけぞりそうになったほど派手なもの。
子供の食いつきはよいようだったけど、いい年した私にはちょっとはずかしいわ〜というかんじ。
そんなド派手ピカチュウ号で沖縄に初上陸した。
飛行機から降りると肌寒かった東京とは違い、南国の陽射しがビシビシと降注いでいた。
おきなわに上陸したのね!と心から実感。

ハイビスカス.JPG
カメラ ハイビスカスが普通に咲いているのがいかにも南国。
鮮やかな色のお花は気分も楽しいものにしてくれる!

空港からはゆいレールで那覇市の繁華街である国際通りへ向かった。
国際通りにはお土産屋さんや雑貨屋さん、食べ物屋さんなどなど、ものすごい数のお店が立ち並んでいる。
沖縄そばで腹ごしらえした(このとき食べた沖縄そばについては『食べ物編』でレポートします!)私達は、この国際通りを散策した。
約1.6キロの通りにはほんとにたくさんのお店が並んでいるので、歩きごたえがある。
でも、アーケードとかの日よけがないので、強烈な日射しがちょいとつらい。
日傘などの準備は必須です。
南国の太陽をなめていた私は日傘を持っていかなかった。
強烈な日射しで干からびてしまわないように、『まちぐゎー』と呼ばれる巨大アーケード街へ。
ここは市場や細かい路地が広がっていて非常に味のあるエリアだった。
市場にはご存知豚の顔の皮とかミミガーとか豚さんの足がどど〜んと普通に置いてあり、生で見るとさすがの迫力。
ひじょうにおきなわを感じた。

市場.JPG
カメラ まちぐゎーの風景

国際通りを何往復も行ったり来たりして歩きつかれた私達はホテルへ向かった。
今回の宿泊はロワジールホテルオキナワ
このホテルは沖縄でもめずらしい天然温泉施設があるいい気分(温泉)
食塩泉でちょっとしょっぱい温泉は初めてだったし、歩き回って疲れた体にはとっても気持ちよかった。
宿泊客でも入場料を取られるのはちょっとイタイけど、宿泊者割引で半額の値段&宿泊中は一度料金を払えばよいので、入る価値はあると思う。

7月10日
2日目のこの日は、天候にも恵まれ、朝から海へリゾート
現地のダイビングショップのツアーに申し込んでクルーザーで1時間程のケラマ諸島でシュノーケリングだ。
海で泳ぐのは実に3年ぶり。
ドキドキワクワクで参加した。
午前中に2つのポイントで海に入り、お昼を挟んで1つのポイントを訪れた。
それぞれのポイントで30分〜1時間くらい海に入っていられたと思う。
ケラマの海はすっごいきれいで透き通っていた。
そんな透明度抜群の海に潜るのも迫力があってよいと思うけど、耳の調子がイマイチのこともあり、私は今回はシュノーケルのみ。
潜らずにシュノーケルだけでも十分に魚が見られます。
一日中船の上にいるので、船酔いしやすい方&絶対に日に焼けたくない方にはオススメできないけど、船も日焼けもど〜んとこい!という方には絶対オススメ。
ちなみに、すぐに日に焼けてしまう私は、日焼け止めをたっぷり塗っていたにもかかわらず、しっかり日焼けした。
とくに、鼻が・・・。黒というか赤くなってトナカイ鼻みたいあせあせ(飛び散る汗)
きれいな海が見れたので、トナカイ鼻も甘んじて受け入れるけど。

ケラマの海.JPG
カメラ クルーザーの上から海を覗き込んで撮ってみました。足は私の足

7月11日
最終日のこの日は、朝から首里城を見学しに行った。
琉球文化、日本文化、中国文化が入り混じった独特の建物だった。
異文化の雰囲気とどこか懐かしい雰囲気を持ち合わせたかんじがした。
私がいつもおきなわに対して感じる雰囲気の源流はここにあるのかもしれない。
現在の首里城は平成4年に復元されたものらしいけど、こんな建物を建てた大昔の人々の力はすごい。
元々の首里城は第二次世界大戦の際に焼失してしまったとのことで非常に残念。
やっぱり戦争っていやだね。

首里城.JPG
カメラ 首里城正殿
月曜日だったので、ほどほどの人出でゆっくりと見学することができた。

首里城を見学した後は国際通りに戻ってお昼ごはん&お土産を仕入れた。
15:30那覇発の飛行機に乗り込み東京への帰路へ。
帰りもやはりピカチュウ号だったことは言うまでもない。苦笑
posted by しのぶ at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沖縄!行ってきたんですね〜!おかえりなさい!!
行きも帰りもピカチュウだったの??かわいかったでしょ!
市場とか海とか首里城とか、とっても満喫してきたみたいでよかったですね!
ホテルはロワジールかぁ〜。1度も泊まったことないんです。
おとなりがバスの営業所ですよね?
あの近くの「かねひで」ってスーパーはよく使ったんだけどなぁ〜。
Posted by はるか at 2005年07月16日 23:12
はい!いってきました!
ピカチュウ、あまりにトロピカルでちょっとビックリしてしまいました(^_^;)
でもでも、みんな写真を撮ったりかなりの人気でしたよ〜。
ロワジールは、そうです!バスの営業所のおとなりでした。
温泉もあったしなかなかよかったですよ!
あ、「かねひで」私も行きました〜。
近くにスーパーがあるって便利ですよね@
Posted by しのぶ at 2005年07月19日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5038738

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。