2005年04月28日

フレンチなしあわせのみつけ方

昨日は水曜日。
映画がレディースデーで1000円で観れる揺れるハート
というわけで、仕事後に『フレンチなしあわせのみつけ方』というフランスの映画を観てきた。

結婚していても自由な恋愛を求める!というかんじがいかにも“自由な恋愛の国”フランスらしかった。
映像の作り方が面白くて、笑えるとこもアリ切なくなるとこもアリ。
そして、最後はこう終わるか!?といい意味で裏切られ、なかなか楽しめた。
ただ、ご夫婦や結婚を考えているカップルにはオススメしません。
デートがちょっと気まず〜い空気になってしまうかも。
同姓のお友達と観ることをオススメします!

それにしてもガブリエル役のシャルロット・ゲンズブールは、とってもキレイかわいかった。
“キレイかわいい”とは、私独自の造語で、キレイとかわいいが同居していているということ。
年齢を重ねたらかわいいだけではやはり重みがない。
でも、キレイだけでもなんとなく違う気がする。
だから、かわいさの垣間見れるキレイさというものを目指したいなぁと思っている。
日本人の私がシャルロット・ゲンズブールのようになるのはかなり難題だけど、日本人なりのキレイかわいいを目指したいもの目
posted by しのぶ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。