2005年03月12日

風邪っぴきの斑尾ツアー

先週末は風邪ひきながら、職場のスキーツアーで斑尾まで行ってきた。
金曜日の仕事後から日曜日までしっかり滑ってきました!

雪 雪 雪

時計 3月4日(金)

土曜日に朝から滑るために、この日は仕事後にそのまま新幹線に乗り斑尾に前入り。
新幹線は20:00少し前発新幹線
というわけで、新幹線に乗る前に夕飯を食べようということになった。
そこで案に上がったのがスープカレー。
今まで行ったことのない恵比寿のお店に行こうということになり、新幹線に間に合わせるためには何時にお店を出ればいいかまで逆算し、職場を出る時間を決めるという気合の入れよう。
風邪ひきさんの喉に刺激物というキケンな選択だけど、長野までの長旅のためにスタミナをつけなきゃねと言い訳しつつ、しっかりとスープカレーを堪能して新幹線に乗り込んだ。
(スープカレーのレポートは別記事でしますレストラン

この日斑尾に前入りしたのは外国人スタッフと日本人スタッフの計14名。
新幹線の中からビールを飲み大騒ぎだった。
外国人のノリは違うね〜。
そのノリを引きずったまま長野駅からはホテルの送迎バスに乗った。
私はバスの中では風邪もつらくなってきて寝てしまったのだけど、盛り上がりは相変わらずだったらしいあせあせ(飛び散る汗)
妙な盛り上がりのまま宿泊先に到着したのは23:00を過ぎた頃。
ホテルは職場が法人会員になっているリゾートホテルなのでとてもキレイ。
スキー場にあるホテルだからかちょっとロッジ風の造りだった。
大浴場は24:00までしか開いていないということなので慌てて入りに行った。
疲れた体にはやっぱりお風呂よね〜いい気分(温泉)
お風呂後は同部屋になった同期と後輩の子と語り合い、午前3時ごろ眠りにつきました眠い(睡眠)

時計 3月5日(土)

昨夜ホテルに着いたときなんも説明を受けていなかったので、朝食を食べる場所が分からない!!
ホテルの施設案内を見て検討を付けたレストランに行ってみたらどうもそこで合ってたらしい。
幹事さん、ちゃんと説明してよ〜と思ったが、幹事はボスでこわ〜い方なので言えなかったたらーっ(汗)
朝食会場で会った人々で一緒に滑ることになり、準備を済ませてゲレンデへ!
この日は吹雪後ち晴れ。
みんなは雪は嫌がっていたけど、私は雪が降っているのは意外と好きなのでまあよしと思った。
午前中はホテルに直結しているタングラムスキーサーカスで滑った。
雪が降っていただけあって、雪はパウダーで快適。
ただ、滑っている間に雪が削られ、どこのコースもコブコブモーグルになっていた。
コブコブは膝にくるし気が抜けないので、滑りながら心の中で常に「ウキョー!」と叫んでいた。
午後には土曜入りした他のメンバーとも合流してタングラムのお隣の斑尾高原へ。
タングラムからは連絡コースがあり、簡単に行ける。
よく、連絡コースというと平坦なコースがず〜っと続くところとかがあるけど、ここは普通に斜度のあるコースで斑尾高原まで行けるので楽チン。
斑尾高原のほうは、割とスキーヤー向けのコースかなぁというかんじ。
コース整備も甘いし、スノボの人はちょっと滑りにくいかも。
標高が高い分雪質はよろし。
夕方にはまたタングラムに戻り、ナイター営業に入るギリギリまで滑りました。
風邪っぴきのくせにここまで滑りつくし、声がかなりやばいことになっていたがく〜(落胆した顔)
もうオカマ。
それでも、夕食後には飲み会があり、一応お付き合いのつもりで出席した。
そこに行くとビックリ!!
なんと、女性陣はバッチリ化粧をしてキレイな格好をしているではないか!
我々、同室女性陣はノーメイクにジャージ・・・さらに足元はスリッパたらーっ(汗)
やっぱ女性というものはいつでも化粧してばっちりきめなきゃいけないのかなぁ・・・。
「いや!我々がスキー場のTPOに合っているよね!」とスリッパーズ(スリッパを履いてたので・・・)同盟を組み、開き直って食べまくり飲みまくった。
1、2杯飲んで帰るつもりが、結局1次会の終わりごろまで参加。
風邪を治すつもりがあるのだろうか、私は・・・と自分にちょっと呆れつつ就寝。

時計 3月6日(日)

お酒を飲んだからか寝ている間にだいぶ汗をかいたようで、朝起きると昨日までより体がだいぶ楽になっている。
スノボとお酒で風邪を治す自分にちょっと感嘆。
でも、それと引き換えに声がますますオカマちゃんになっていた。
まぁ体はだいぶ楽に軽くなったのでよしとしてこの日もゲレンデに繰り出した。
この日はとても天気がよく、今シーズン初めてゲレンデで穏やかな晴れを体験した。
タングラムでちょっと足慣らしをしてから斑尾高原に渡った。
ここで、前日は乗らなかった1人乗りリフトに挑戦。
リフト自体は座布団に棒がくっついたみたいな感じでかなり不安。
しかも途中で止まったりしてさらに不安が煽られ、到着するまで棒にかなり力強くしがみついていた。
いざ到着してみると、そこはものすごいコースだった!
まず、板を装着するような平らな所はなく、いきなり36度という急な斜面。
しかもコブコブ!!
雪質はフカフカだったので転んでも痛くないというのが救いで、転びながらも無事に滑り降りた。
コースは気の抜けないものだったけど、眺めはよかったです!

斑尾.JPG
カメラ これがウワサのコブコブ急斜面コース。
写真にしてしまうとあの恐怖感はイマイチ伝わらない・・・。

帰る前にお風呂に入ろうということで、スノボは午前券で滑れる13:00で終了。
やはりお風呂は外せない!!
お風呂に入ってすっきりして東京への帰途に着いた。

帰りの新幹線の中では、お昼を食べずにギリギリまで滑っていた人たちが峠の釜飯を買ってきて食べていた。
それを見て、お昼を食べたくせに私も食べたくなってきた。
さすがにお昼2回というのはマズイので、夕飯用に車内販売で購入した。
ボードもあるのに、あの重みの釜飯を背負って家まで帰る自分の根性にちょっと感服。
おうちに着いてからしっかり堪能いたしました猫

峠の釜飯.JPG
カメラ おぎのやの峠の釜飯。大好物黒ハート
あまりに焦っていてちょっと食べちゃった後だけど・・・。

雪 雪 雪

職場スキーは価格がちょっとお高めで行こうかどうしようか迷ったけど、年に1回だし、普段あまり交流のない人とも話せるのでまぁよいか〜というかんじで参加したのだけど、意外と楽しかった。
私たち同期の中に1人放り込まれた後輩も私たちのペースに付き合ってくれて、ほんとかわいかったわ〜。
風邪で参加も危ぶまれたけど、滑ってストレス発散したおかげか体調もだいぶよくなったし。
皆さんにはオカマ声を披露することになったけど、それもよしとしよう。
posted by しのぶ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2379336

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。