2005年03月10日

♪SWAN LAKE♪

風邪をひいたり、スノボに行ったり、誕生日が来てまた1つ年をとったり、仕事がバタバタしたりとなんだかんだと忙しかったこの一週間だった。
(スノボレポートは週末にでもゆっくり更新します!)
忙しいながらも、おかげさまで風邪も快方に向かっており、オカマ声ながらも声も出るようになってきた。
あと一歩であります!

さてさて、そんなオカマ声を抱えながら昨日はマシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』@Bunkamuraオーチャードホールを観てきた。
これはクラシックな白鳥の湖と違い、白鳥は全て男性が演じている。
とっても斬新ぴかぴか(新しい)
なんて偉そうに言ったけど、バレエ鑑賞初体験で実はクラシックな白鳥の湖のストーリー自体をよく分かっていなかった私は、ショーが始まって初っ端からキャラクターの設定を勘違いし、最後まで勘違いしたまま終了するという失態を犯したあせあせ(飛び散る汗)
女王(母親)の愛情を得られずに悩む王子(息子)がスワンに出会って魅了され・・・という設定だったのだけど、私は女王と王子が親子ではなく夫婦だと勘違いしてしまった。
その勘違いのまま見ると、結婚してるのにお互いに別々に恋人を作り・・・とちょっと昼メロのように見えてしまうのだ。
あほな私は「ほえ〜、さすが革新的なバレエ!」なんて感心していたが、やはり腑に落ちないところも多く、後で確認したら自分の勘違いが発覚。
演劇と違って台詞から話の筋を推測するのは難しいので、ちょっとは予習していくべきね。
でもでも、話を多少勘違いしていても十分楽しめた。
現代風に作り変えられており、踊りもポップな感じなものもあったりして楽しい。
劇中に観劇に行くシーンがあるのだけど、そこで携帯が鳴って慌てるなんていうのも現代らしいなぁと思った。
衣装もすっごくオシャレで舞台装置も凝っていた。
踊りだけでなく、衣装とか舞台の仕掛けとかを着目しても楽しめるかんじ。
男性による白鳥も力強さのなかにしなやかさもあって見ごたえがあった。
日によっては、日本人キャストの首藤康之さんが出演される日もあるらしい。
残念ながら昨日は出演の日ではなかったのだけど、あんなにすごいステージに日本人が出演しているというのはうれしいものだわーい(嬉しい顔)
また機会があったら観に行きたいな!次回は予習付きで。
posted by しのぶ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バレエか。
バレエとクラシック音楽は行ってみたいもののひとつ。
クラシックは寝そうだけど、バレエはこれだけストーリーがあれば大丈夫そうだね。
いずれにしても予習の大切さは認識。
さ、次はCatsにいきましょ!
Posted by えみこ at 2005年03月10日 23:55
うん、予習は大切よ。
私の場合、今回は復習になってしまった・・・。
まぁ、お勉強できたのでよしとします。
Catsも行こうね〜。
Posted by しのぶ at 2005年03月12日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。