2005年02月09日

救命病棟24時:第5夜

昨日オンタイムに見ることができなかった『救命病棟24時』をさきほどチェックしたTV
今回は洋ちゃんの出番が非常に少なかったなぁ〜バッド(下向き矢印)
まぁ、その分、落ち着いて見ることができたけど。

今回の話は『親子の絆・愛』がテーマだった。
京野ことみさん演じる磯部望とその父親のエピソードは泣けました。
親に対してなかなか素直になれない、、、というのは非常に共感。
私も父親とはほとんど会話を交わさないのでたらーっ(汗)
うちの父親はちょ〜無口なので、会話を求めるほうがムリな話かも。
と、話がそれたけど、ドラマ中で災害伝言ダイヤルに録音されていた父親のメッセージは本当に娘を想っているんだなと感じて、聞いているうちに涙がバァ〜っと溢れたもうやだ〜(悲しい顔)
あの父親役の人の堅物そうだけど、笑うと優しい顔というのが余計涙を誘ったのかも。
父親のメッセージを聞いて今まで凍っていた望みさんの心が和らいで、音信不通状態だった親子の絆が取り戻せてよかったですな。
今回はいつもと違って、ちょっとほっとするようなお話でした。

そうそう、フジテレビのHPの救命病棟24時のページで、洋ちゃんのスペシャル企画が公開されています!
その名も『大泉洋のこのひとだ〜れ?』
洋ちゃんがドラマのスタッフさんにインタビューするさまが動画で見れるかわいい
ドラマ中では出番が少なかったけど、他のところでしっかり露出してくれてます!
posted by しのぶ at 22:01| Comment(3) | TrackBack(1) | どうでしょう&CUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回も泣けました…。
なんでドラマで毎回泣いてるんだ私!(汗)
父と娘の軋轢って、割とどこの家庭でも起きているんでしょうね。
父親の、娘を想う気持ちが強すぎて起こるものなんでしょうけど…。

とりわけ今回の劇中で驚いたのが、進藤先生が彼女のことを「磯部」と呼び捨てにしていたこと(笑)
「イキナリ呼び捨てかよ!」と突っ込まざるを得ませんでした…。

キラ星☆大泉さんは、来週に期待!!

話は変わりまして…
しのぶさんのブログ、ブックマークさせていただきますね♪^^
これからもよろしくお願いします!
Posted by ぐら at 2005年02月10日 15:37
江口さんの医者役はいまだに白い巨塔と混ざる(笑)
違うのは純粋に泣けるドラマだってことですね。。
京野ことみのお父さん役、いい顔してますね。
ストーリーだけじゃなく、キャスティングもいいんですね、
このドラマは。
ともかく和解(?)出来て良かった。
現実もほんの僅かなきっかけなんですかね。
う〜む。
Posted by masasuke at 2005年02月10日 23:40
>ぐらさん
まずは、ブックマークありがとうございます!
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!

父親と娘の軋轢・・・父と娘は接する時間も短いからぶつかることも多いのかもしれませんね〜。
やっぱりうちも母親とはあまり話題に困らないけど、父親とはうちのわんこのことくらいしか話題がないですし・・・(汗)

いきなり呼び捨ては進藤先生にしかできないワザですね!
佐倉くんがいきなりやったらぶっとばされそうですしね。笑
大泉さん、次回の露出に期待です☆

>masasukeさん
白い巨塔、懐かしいですね〜。
私も毎週見てましたよ。
でも、あのときは唐沢さんのキャラが強すぎて、
江口さんはいいお医者さんだな〜という印象くらいでした。
進藤先生のほうが私的にはかっこよくて好きです。
親子の関係、現実もドラマのようにスパッっといくと楽なんですけどね〜。
う〜む、ですね。

Posted by しのぶ at 2005年02月13日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『救命病棟24時』(第5夜)
Excerpt: 大泉さん、今回は出番が少なかった。 その分 ドラマには集中出来たかな(笑) 京野ことみさん、いい演技してました。 意地は張っていても『親子愛』ってのは使い古していたとしても、やはり泣けます。 いつ..
Weblog: 日記帳
Tracked: 2005-02-10 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。