2005年09月08日

スイスへのたび(第11日目:本場のチーズフォンデュ)

時計8月7日(日)

晴れてくれ〜という祈りもむなしく、この日もあいにく朝から雨。
とりあえずホテルで朝食を食べてインターラーケン・オスト駅へ行ってみる。
駅の待合所にあるテレビのモニターでユングフラウヨッホの様子を見ることができるのだけど、そこに映っているのは霧で真っ白な画面。
前日よりひどいことになっているよ・・・。
そのまま駅でヨッホの天候が回復するのを待ってみたけど、一向に回復する気配がなかった。
いつまでも駅でボーッとしててもしょうがないので、行動を起こすことにした。
といっても、霧で真っ白のヨッホへ行くのではない。
グリンデルワルトから行けるフィルストという展望台に行ってみることにしたのだ。
フィルストはお花畑に囲まれた展望台で、晴れていればすばらしい景色が見れるらしい。

まずはグリンデルワルトまで電車で行き、グリンデルワルト駅からフィルストへ向かうゴンドラの駅まで10分ほど歩いていく。
ゴンドラ乗り場で展望台のある方角を見上げてみたけど、やはりものすごい霧だった。
パスを持っててタダで乗車できるので、ダメもとでゴンドラに乗ってみる。
ものすごい濃霧の中のゴンドラ。
これがまたものすごいスリリングだった。
視界はただただ真っ白で、私達の乗ったゴンドラの前のゴンドラも後ろのゴンドラも霧の中に飲み込まれまったく見えなかった。
自分達がどこに向かっているのかもまったく見えず、ゴンドラだけがプカプカと宙に浮いているような感覚に陥った。
まぁこれも滅多にできない経験かしら。

フィルストに到着してもやはりものすごい霧だった。
さらに強風で体感気温もすごく寒い。
これはだめだわ・・・と諦めて、展望台にあるレストランであったかいカプチーノを飲んだ。

その後、前日と同じようにユングフラウ地方の電車、ロープウェー、ゴンドラを乗り継いでいろいろと回ってみたけど、やはり悪天候なのでどこの景色も真っ白だった。
山では天候が悪いとなにもできないのね・・・。
というわけで、今日は景色の写真はなしです。
なんせ写真を撮っても真っ白なのでたらーっ(汗)

天気は残念なかんじだったけど、夕食ではずっと狙っていたチーズフォンデュを食べてしっかりと目標達成した。
前日にちらっと目に付けていた、グリンデルワルトにあるお店に行ったのだ。
グリンデルワルト駅から街中へ向かって少し上っていったところにあるOberland Stubeというお店。

Oberland Stube.JPG
カメラ こちらがOberland Stube。ぶれててごめんなさい・・・。

このレストランはとてもあたたかいかんじで非常によかった。
オーナーと思われるおじいさんが各テーブルをまわり世話を焼いてくれる。
私達にも片言の日本語と英語であたたかく接してくれた。
異国の地でやさしくされるってよいね!

さてさて、肝心のチーズフォンデュ。
プレーンなものもあったけど、私達はきのこ入りにしてみた。
チーズの中にざく切りにしたきのこがたっぷり入っていてとてもよい風味だった。
食べ始めたらやめられない、とまらない、というかんじ。
きのこ入りチーズフォンデュの場合、1人前29スイスフラン(約2700円)でお皿に山盛りのパン、じゃがいも、ピクルスが付いてくる。
私達は2人で1人前を頼んだけど、それで十分な量。
十分な量といいつつ、食後のデザートに洋なしのケーキもしっかり食べたあせあせ(飛び散る汗)

チーズフォンデュ.JPG 洋なしケーキ.JPG
左:おいし〜い!本場のチーズフォンデュ
右:ケーキもちょうどよい甘さで、大満足の量

霧に包まれて行動を制限された一日だったけど、チーズフォンデュを堪能できたのでプラスマイナスゼロということにしよう。
翌日にはインターラーケンから次の町へ移動しなければならない。
果たしてユングフラウヨッホへ到達できたのか!?
次回に発表します!

posted by しのぶ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。