2005年08月28日

スイスへのたび(第8日目:マッター見ながらハイキング)

今日はいかにもスイスらしい景色のオンパレードなので、写真中心でいきます!

時計8月4日(木)

7:00起床。
朝食を取ってすぐにホテルを出発。
登山電車でマッターホルンやモンテ・ローザをはじめとする有名な山々を見ることができるゴルナーグラート展望台を目指す。
この日乗ったのはゴルナーグラート・モンテ・ローザ登山鉄道。
手持ちのスイスパスは有効ではないので駅でチケットを購入。
スイスパスによる割引の適用をうけて、ツェルマット⇔ゴルナーグラートの往復チケットで54スイスフラン(約4800円)。
電車に乗り込みいざ、展望台へ!

ゴルナーグラート・モンテ鉄道駅.JPG
この駅から出発!

ゴルナーグラート・モンテ鉄道1.JPG
緑の草原が広がる景色も・・・

ゴルナーグラート・モンテ鉄道2.JPG
登っていくと雪景色になる!

約40分ほどでゴルナーグラート展望台に到着。
外は0℃と凍える寒さだったけど、眺めは最高!!
ツェルマットの街からは見られないモンテ・ローザの姿も見え、マッターホルンの姿も麓よりずっと大きく見えた。
お天気がよくてよかった晴れ

ゴルナーグラート:マッター.JPG ゴルナーグラート:モンテ.JPG
左:マッターホルンもよく見える!
右:モンテ・ローザをはじめとする山々や氷河は距離が近くて迫力アリ!

展望台にはセントバーナード犬がいて、有料の記念写真スポットになっていた。
さすがヨーゼフの国。
係りのお兄ちゃんによると犬だけだったら自分のカメラで撮ってもよいということなので、写真に収めてみた。

ヨーゼフ.JPG
ヌボーっとしててひじょうにカワイイ。
人も入って一緒に撮ろうとするとお兄ちゃんにすかさず怒られる。

さてさて、ゴルナーグラートから再び登山電車に乗り、1駅分下ったローテンボーデン駅からハイキングをしてみた。

ゴルナー:ハイキング1.JPG
ハイキング開始!前方左側に見えるのはマッターホルン。

ゴルナー:ハイキング2.JPG
湖に写る逆さマッターホルン。きれいだ〜。

ゴルナー:ハイキング3.JPG
ハイキングコースにはヤギさんもいます!

2駅分を休憩も含め約3時間半で下っていった。
道は何通りかあるようなので、緩やかな道とか急な道とかが選べるようだ。
私達は標識と自分達の勘を頼りに道を選んでいった。
緩やかな道は歩きやすいので、子供とかお年寄りもいっぱいいた。
いつか自分の親とかも連れてこられたらよいかも。

リッフェルアルプ駅から再び登山鉄道に乗りツェルマットに帰還。
そのままツェルマットの街をブラブラした。
前日は夕暮れだったので、明るい日差しの下でまた違ったかんじだった。

ツェルマット街並.JPG ツェルマット:ホルン.JPG
左:ホテルなどの建物はきれいな花で飾られている。
右:駅前で突然ホルンの演奏会が!!

日本では山をハイキングするなんてことはなかなかなかったけど、ここでのハイキングは景色もすばらしいし非常に気持ちがよかった。
日本ではないような標高の場所に登山電車で登っていけるのってほんとに新鮮だった。
ハイキングも登山電車があるから疲れたら電車に乗れるというのも気楽にハイキングが楽しめてよい。
普段は運動不足気味の私も久しぶりに本格的に体を動かしてすがすがしい一日だったかわいい

ペンおまけ:ゴルナーグラート展望台&ハイキングメモペン

ゴルナーグラート展望台は午前中の遅い時間くらいから団体客などで混んでくるので、ゆっくりと景色を楽しみたいなら午前中の早めの時間がオススメ。

ツェルマット⇔ゴルナーグラートの往復チケットは途中で乗り降り自由。
途中下車が何度でもできる。

展望台の気温は低いので防寒は十分に!
ハイキングする場合は脱ぎ着して調節できるようにしておくのも重要。
私は、展望台では、長袖Tシャツ+半袖Tシャツ+カーディガン+パーカー+ウィンブレと、5枚着込み、ハイキングして暑くなってきたら徐々に脱いでいった。
フリースがあると軽くて暖かくてよいかも。
あと、紫外線が強いので、サングラス、日焼け止め、帽子も持っていったほうがよいでしょう!



posted by しのぶ at 22:43| Comment(7) | TrackBack(1) | とらべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。