2005年03月22日

間もなく討ち入り

先ほど救命病棟24時の最終回が終わった。
このドラマは東京が大地震に襲われるという難しいテーマを取り上げており、東京に住む者としていろいろと考えさせられた。
さらに、ここ最近日本のいろいろな場所で地震が起きているという事実によっても、私はこのドラマをただのエンターテイメントとしてだけでは見ることはできなかった。
日本に住んでいる限りどこに住んでいても地震から逃れることができないということをもっと自覚すべきなのかもしれないな。

ドラマはただ大地震に襲われたパニックを取り上げているだけではなく、被災した後いかに生きていくべきかに重点が置かれており、この最終回は、人間って自然の前では無力なものだけどそれでも人間の生きようとする力は強いものだというメッセージが込められていた。
実際、神戸で地震のときに隆起してしまった港をそのまま保存してある所を見たことがあるが、あそこまで崩れたものを10年で立て直した人の力はすごいものだと思う。
おととい北九州で地震があったばかりだけど、被災された方々が一日も早く元の生活に戻れることを心から願うばかり。

そんな様々なことを考えさせられるドラマの中で、やはり大泉さんはほっと一息つける大事な役を演じてくれていたと思う。
北海道と東京を往復して私たちにステキなドラマを届けてくれてありがとう&おつかれさまでしたと言いたいです!
そして、来週は救命病棟24時アナザーストーリーの2時間スペシャルがあるようだ。
2時間スペシャルの予告では大泉さんが全面に出ており、なんだか活躍の気配。
こちらも期待しましょうぴかぴか(新しい)

さてさて、ドラマも無事最終回を迎え、日付が変わった明日3/23はどうでしょうDVD第5弾の受け取り、すなわち、ローソン屋敷さんへの討ち入り!
どうでしょうHPでうれしーが書いていたとおり、私は婦女子であるので深夜0時とともに徒歩20分かかるローソンさんに討ち入るのは少々キケンかと思われるので、明日の朝に討ち入ることにした。
久しぶりのDVD、非常に楽しみ。
平日としては珍しく、朝が来るのが待ち遠しいなぁ目
posted by しのぶ at 23:41| Comment(5) | TrackBack(4) | どうでしょう&CUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。