2005年03月31日

旅立ちのとき

今日で3月も終わり。
この時期は人の動きが激しくなる。
私の職場の部署でも今日付けで2人の人が退職した。
仲良くしていただいていた人々なので、同じ職場から居なくなってしまうのは寂しいけど、それぞれの目標ややりたいことetc.に向けて新しい生活へ旅立った彼女たちを応援していきたいと思う。
お別れといっても職場で会えないだけで、プライベートでまた会えるしね。

そして、新しい生活といえば、高校時代の友達も新しい生活に旅立った。
おととい帰宅してみると、その友達からの結婚式の招待状がポストに入っていた。
つい先日電話で彼女と少し話したときには全く結婚のことは話しに出てなかったのでか〜な〜りビックリした。
帰宅中に彼女からメールで「突然招待状を送ってしまいましたが・・・」というメールをもらっていなかったら、うそでしょ〜と○○詐欺なんかを疑ってしまったかもしれないくらいだ。
しかもすでに仕事を辞めて実家に戻っているらしい。
なんという急激な展開。
私にとっては今年に入って一番の衝撃だったかも。
と、ビックリしたことこの上なかったのだけど、ここ最近仕事や人生のことでいろいろと悩んでいたようなので、何か決断することができたのだろうな〜。
新しい一歩を応援するとともに、心からお祝い申し上げます!

ダイヤ ダイヤ ダイヤ

こんなかんじに私の周りでは転職や結婚などで新たな人生へ旅立っていく人が最近多い。
そこで自分を振り返ると、あ〜、のんべんだらりんだな・・・と思ってしまう。
仕事にもさほどやる気がないくせに何がやりたいのかもよく分からないし新しいことに踏み出す勇気も持っていない。
真剣に自分の人生について考えて決断したり行動しなければいけない年頃なんだろうけど、考えすぎて頭爆発で決断を下すことから逃げてしまっているような気も。
だから自分の生活にイマイチ満足できないのかな。
何年後か何十年後かに自分の人生を振り返ったとき、大満足とまではいかなくても小満足くらいは味わえるように、今の自分よりもうちょっと「考えること」と「行動する勇気」を持つべき時なのかもしれないなぁ。

posted by しのぶ at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

10時間制覇

本日は10時間かけて『どうでしょうDVD第5弾』を全て見た。

DVD第5弾.JPG

藤村さんがお止めになっても、やはり一回目は一旦見始めたら止められないのですあせあせ(飛び散る汗)
ノーマルから始めて特典映像、副音声に至るまで堪能いたしましたよぉ(藤村風)。
ついに“ミスター”も誕生したし、tvkで放送されなかった&見逃した『シーガイヤ』や『韓国第一夜』も見れてかなりの満足度でした。
まぁ、10時間ぶっ続けで見て満足しないほうがおかしいよね・・・。
ただ、シークレット映像の在り処が分かりませんもうやだ〜(悲しい顔)
ハズレはいくつも見つけたのにさ。
毎回答えが出るまで在り処が分からない・・・。
今回も答えが出るまで気長に探すことにしよう目

10時間も続けて見れば、当然、途中にご飯もおやつも挟む。
北海道原産の『どうでしょう』さんを見ていて気分は北海道モードだったので、お友達のまきちゃんからいただいた六花亭のマルセイチーズ&ビスケットをお茶請けにしてみた喫茶店
六花亭のバターサンドは以前から知っていたし大好きな北海道のお菓子の1つであったのだけど、このチーズ&ビスケットは初体験だった。
バターサンドに使われているビスケットとレアチーズがセットになっていて、ビスケットにチーズを挟んで食べてもよし、それぞれを単品で食べてもよし、という1度で3度おいしいお菓子だった。
バターサンドに並ぶお気に入りの一品になりました。
まきちゃん、どうもありがと〜るんるん

チーズ&ビスケット.JPG
カメラ こちらが『マルセイチーズ&ビスケット』
posted by しのぶ at 22:31| Comment(15) | TrackBack(0) | どうでしょう&CUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

バタチキカレー

今日はまたまたカレーを食べに行ってきた。
ほんとカレーにはまってるなぁあせあせ(飛び散る汗)
でもでも今日はスープカレーではなくインドカレーを食べてきた。
今日訪れたお店は高田馬場にある『MALABAR(マラバール)』というお店。
友達のお勧めのインド料理屋さんでバターチキンカレーがおいしいとのこと。
自分たちで勝手に“バタチキ”という略称まで生み出しカナリ張り切ってお店に乗り込んだ。
お勧めどおりバターチキンカレーを頼むことはすぐに決まったけど、折角行ったのだから他のカレーも試してみたい〜!!というわけで、2つのカレーが選べるセットメニューにしてバターチキンとプロン(prawn=エビ)のカレーを選択した。

バタチキ.JPG
カメラ 左がバタチキで右がエビカレー

バタチキはバターが入っているのでまろやか、エビはバターなしの分スパイスの味が際立っていた。
どちらもおいしかった〜グッド(上向き矢印)
どちらかを選べと言われたら、やはりバタチキかな。
なんとなくクセになるかんじ。
セットメニューにはハーフナンとサフランライスがついてくるのだけど、インドカレーにはやっぱりナンが合うね。
特にバタチキとナンの相性がよかったと思う。
バタープロンもあったので次回はそれを試してみたいな。
バタチキにバターのたっぷりかかったナン、さらにビール・・・本日は結構ハイカロリーになってしまったけど、おいしかったのでまぁよしとしようダッシュ(走り出すさま)

レストランお店情報レストラン
MALABAR(マラバール)
新宿区高田馬場1-25-29サンコービル1F
電話 03-3209-4903
posted by しのぶ at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | スープカレー/ふつうカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

Bridget Jones's Diary

昨日、『ブリジット ジョーンズの日記〜きれそうなわたしの12か月〜』を見てきた。
前作に引き続きブリジットの突き抜けぶりがよかった。
恋人ができて幸せ真っ只中だったけど、そこはブリジットといわんばかりにやはり災難に見舞われていた。
レニー・ゼルウィガーが演じるそのパニックぶりがおもろかわいかった揺れるハート
相変わらず不運に見舞われ落ち込んだりしながらもめげない強さとかわいさを持つブリジットは、やっぱり女性の共感を得るキャラクターなんだろうな。
自分はついていない・・・とあきらめてはいけないのね。
お年頃の私には笑えて励まされる映画でした!

それにしてもレニーはあいかわらず演技がスバラシイひらめき
一番最初に彼女を見たのはトム・クルーズ主演の『ザ・エージェント』だったのだけど、よい意味で“ハリウッド”らしさがなく普通なのに惹き付けられた。
それからは私のお気に入りの女優さんのお1人。
様々な役を見事に演じ分けるスバラシイ女優さんだと思う。
ブリジットを演じるために激太りしたレニーだけど、それでも足は非常にきれいだった。
日本人とは体のつくりが違うのねたらーっ(汗)
そんなレニーの次回作は9月公開予定の『Cinderella Man(シンデレラマン)』。
実在のボクサーの半生と彼を支えた家族の愛を描く映画でボクサーの妻を演じているらしい。
主演がラッセル・クロウというところは私としては微妙だけど、きっとレニー目当てで見に行きたくなるのだろうな〜。


posted by しのぶ at 00:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

間もなく討ち入り

先ほど救命病棟24時の最終回が終わった。
このドラマは東京が大地震に襲われるという難しいテーマを取り上げており、東京に住む者としていろいろと考えさせられた。
さらに、ここ最近日本のいろいろな場所で地震が起きているという事実によっても、私はこのドラマをただのエンターテイメントとしてだけでは見ることはできなかった。
日本に住んでいる限りどこに住んでいても地震から逃れることができないということをもっと自覚すべきなのかもしれないな。

ドラマはただ大地震に襲われたパニックを取り上げているだけではなく、被災した後いかに生きていくべきかに重点が置かれており、この最終回は、人間って自然の前では無力なものだけどそれでも人間の生きようとする力は強いものだというメッセージが込められていた。
実際、神戸で地震のときに隆起してしまった港をそのまま保存してある所を見たことがあるが、あそこまで崩れたものを10年で立て直した人の力はすごいものだと思う。
おととい北九州で地震があったばかりだけど、被災された方々が一日も早く元の生活に戻れることを心から願うばかり。

そんな様々なことを考えさせられるドラマの中で、やはり大泉さんはほっと一息つける大事な役を演じてくれていたと思う。
北海道と東京を往復して私たちにステキなドラマを届けてくれてありがとう&おつかれさまでしたと言いたいです!
そして、来週は救命病棟24時アナザーストーリーの2時間スペシャルがあるようだ。
2時間スペシャルの予告では大泉さんが全面に出ており、なんだか活躍の気配。
こちらも期待しましょうぴかぴか(新しい)

さてさて、ドラマも無事最終回を迎え、日付が変わった明日3/23はどうでしょうDVD第5弾の受け取り、すなわち、ローソン屋敷さんへの討ち入り!
どうでしょうHPでうれしーが書いていたとおり、私は婦女子であるので深夜0時とともに徒歩20分かかるローソンさんに討ち入るのは少々キケンかと思われるので、明日の朝に討ち入ることにした。
久しぶりのDVD、非常に楽しみ。
平日としては珍しく、朝が来るのが待ち遠しいなぁ目
posted by しのぶ at 23:41| Comment(5) | TrackBack(4) | どうでしょう&CUE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

乙女!?の悩み

この三連休は実家に帰ってきた。
今回の帰省の目的は、お友達のうっちゃんの赤ちゃんに会いに行くこと。
先月ママになったうっちゃんには出産後初めて会ったけど、幸せそうな柔らかいママの顔になっていた。
そして初対面の赤ちゃんは小さくてとてもかわいかった。
頭の座っていない赤ちゃんを抱くのは初めてだったのだけど、とてもいい子に抱かれてくれてうれしかったわ。
いつまでも機嫌よく抱かれてね黒ハート
次回に会うときにはきっともっと大きくなっているのだろうなぁ。

うっちゃんのあの話しっぷりによる出産の生の体験談は非常に興味深かった。
うっちゃんが話してくれるからこそ、ものすごくその時の光景が目に浮かんだ。
授乳とかでなかなかまとまった睡眠が取れずたいへんそうではあったけど、かわいい赤ちゃんと優しいだんなさんに囲まれて自分の家族を作っているうっちゃんは本当に幸せそうだった。
これからのゆうくんの成長が楽しみだねるんるん

この年になると回りには結婚している人や結婚はしていなくとも将来一緒に暮らしていこうと考えているパートナーがいる人が多くなってきた。
そして、うっちゃんのように新しい命を授かる人も出てきた。
そういう話を聞く度に友達のこととして大変うれしくはあるのだけど、ふと自分を振り返ったときに何もない自分がちょっと寂しい今日この頃。
あぁ〜、私って結婚願望とか赤ちゃんを産んでみたいという気持ちを持っていたんだ〜って改めて実感させられる。
やっぱり自分が愛する人、自分を愛してくれる人がいるという居場所というか心の支えが欲しいのかな。
そいういうものがない今の状況はなんか根無し草という気がしないでもない。
とりあえずは今の生活を自分なりに過ごしていくしかないのかな。
あぁ〜、弱いなぁ、自分、強くなれ〜!!!
なぞと悩んでみたりする乙女!?なのでありましたたらーっ(汗)


posted by しのぶ at 23:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

複雑な季節

今朝、家を出た瞬間に空気が今までと違うなぁと感じた。
今まではまだ冬から足が抜けきっていないという感じで、冬独特の朝のピンと張り詰めた空気だったのだけど、今朝は肌に当たる風がやわらかくほんわかマイルドな空気になっていた。
いよいよ本当に春がやってきているのだと改めて実感した朝だった。

かわいい かわいい かわいい

私は春生まれなので、春は好きな季節だ。
なかでも春のにおいが好き。
においというのは雰囲気ではなく、実際に鼻から感じるにおい。
人に言っても分かってもらえないので、私だけが感じて『このにおいは春のにおい』と思っているのだろうが、たぶん芽吹いてきた花のにおいとかなのかなと思う。
このにおいを感じるとなんとなくワクワクした気分になるのだ。
春というのは新しい生活を始める人が多い季節で、自分も今までに入学、新学期の始まりや上京、就職などで新しい生活に入るときのドキドキ・ワクワク感を感じてきた。
そのドキドキ・ワクワクを感じるときには決まってこのにおいも同時に感じてきたように思う。
だから、春のにおいとワクワクする気分は私の中で切り離せないものになっているのかな。

今朝のような春の空気を感じたときは思いっきり息を吸い込み春のにおいとワクワク感を楽しみたいのだけど、私は重度の花粉症でもある。
今朝も調子にのって駅までの道すがらマスクをはずして深呼吸をしたら、職場に着いてからくしゃみの嵐に襲われたふらふら
目も痒くて充血している・・・。
あ〜、花粉のことを考えず春のにおいを思いっきり楽しめる体になりたい・・・と複雑な気持ちになるのも私にとっては春を実感する1要素なのかもしれないと思ったのでありました。
posted by しのぶ at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

試写会@カナダ大使館

今日はえみこちゃんにお誘いいただき試写会に行ってきた。
場所はカナダ大使館。
カナダ大使館で映画が観られるなんてあまりできない経験なのでワクワクだったけど、きちんちしたシアターがあって、きれいだし椅子の座り心地もよいし快適だったわーい(嬉しい顔)
そもそもなぜカナダ大使館なのかというと、フランコフォニー(フランス語圏)・フェスティバルの一環として、カナダのフランス語圏であるケベック州が舞台の映画の上映会の会場にカナダ大使館を使用したらしい。
今日観てきた作品は『大いなる休暇』というもの。
あまりネタバレしない程度にあらすじを書くと以下のようなかんじです。

映画 映画 映画

カナダ、ケベック州に浮かぶ人口100人ちょっとの島が舞台。
昔は漁業で栄えた島だけど、今は人口のほとんどが失業保険に頼っており、それを脱するために島にプラスチック工場を誘致しようということになる。
工場の誘致には島に医者がいることが条件だけどこの島は長い間無医島のままだ。
そこで、島民たちは本土から医者を招き、医者に島を気に入ってもらい定住を決心させるべく、島を魅力的に見せるために一致団結して涙ぐましいウソを繰り出していく。
医者は次第に島での生活に魅力を感じ始めるが・・・さて、定住を決心するのか!?

映画 映画 映画

この映画、見終わってほんとに心が温かくなる映画だった。
島を魅力的に見せるために島民が様々なことを嘘で塗り固めるのだけど、その嘘が見ていて憎めない。
嘘の内容も、島民たち自身が「罪のない嘘」と言っているように、深刻な嘘ではない(・・・と思う)し。
島民たちが必死で嘘を繰り出す姿が笑いを誘います。
そして、医者の騙されっぷりも笑える。
登場人物の誰もがなんか愛すべきかんじがした。
そして、ただ笑えるだけでなく、嘘で塗り固められた生活ながらも次第に心の交流を交わしたり、「罪のない嘘」といいつつ良心の呵責に苛まれる島民と医者の姿もよかったな。
素朴だけどよい映画だひらめき

興味のある方は初夏(確か6月)からシネスイッチ銀座で公開になるようなので、ゼヒご覧あれ!
posted by しのぶ at 00:45| Comment(5) | TrackBack(2) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

『電車男』 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

今さらながらだけど、去年話題になった『電車男』を読んだ。
話題になっていたのでどんなもんかな〜と気になっており、昨日本屋に行ったときに買おうか迷ってたら、すでに読んだというお友達のえみこちゃんからネットで読めるという情報をゲットした。
もともと2chの掲示板で繰り広げられたものなので、ネット上で見たほうがおもしろいだろうとのこと。
どれどれ、とさっそく検索して読んでみたのだけど、22時頃から読み始めて今までかかって一気に読んでしまった。
最初はほとんど編集されていないほぼ全てのコメントが載っているものを読んでいたのと、2ch独特の2ch語についていけずなかなか読み進めることができなかったけど、途中から適度にコメントがカットされ読みやすくなったもの(→これです。)に切り替えてからはグイグイと読み進めた。
今日は最後まで読むつもりはなかったんだけど、なんか途中では止められなかった。
途中で止めてしまうと2chの掲示板ならではのスピード感というかリズム感というかが断ち切られてしまう感じがしたので、流れにまかせてみた。
感想としては、これを読んで何かを得るとかそういうことはなかったんだけど、単に読み物としておもしろかった。
あと、ネットで読んだのでなんとなく自分も参加している感じで臨場感があって、「さぁ電車男よ次はどうなる!」とか、「うじうじするな!がんばれ!」と言いたくなる。
これが話題になった原因なのかな。
これから読もうという方はネットで読むことをお勧めします!
そうそう、この『電車男』は映画化されるらしい。
この2chの独特な世界がどのような映像になるのだろうか。
ちょっと気になる。

それにしても、3時間以上ネット上で読み物を読むというのは疲れるね・・・。
もう2時あせあせ(飛び散る汗)
寝ます〜眠い(睡眠)

posted by しのぶ at 01:56| Comment(2) | TrackBack(1) | books & music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

カレー狂、yellow companyへ行く

↓の記事でも書いたように、職場から長野にスノボへ向かう前に果敢にもスープカレーを食べに行った。
どんだけスープカレーにはまっているのか・・・と自分でもちょっと感心。
今まで行ったことがない所にしようということになり、選んだのは恵比寿にあるyellow company
恵比寿駅から明治通りを渋谷方面に5〜10分ほど歩いてちょっと脇に入ったところに所在するオシャレなカフェ風のお店だった。
イメージ的にはと似たかんじ。

この日のオーダーは、ちょっと迷いつつながらも1回目なので定番でしょ!とうことで、スープカリー“チキン”(中辛、チーズトッピング)レストラン

yellow company.JPG

お店の雰囲気も似ていたけど、味も心と似たかんじかな。洋風です。
こちらのほうが心よりスープは温かい。
ご飯はバターライスで洋風のスープに合っててなかなかおいしいです。
辛さは中辛にしてみたけど、もうちょっと辛いのもいけそうだ。
同行人は私より辛さに強いはずなのに辛いと言っていたので、私もスープカレー修行の成果が出てきたわと妙にうれしくなった揺れるハート
恵比寿はあまり普段の行動圏ではないのだけど、豚角煮のスープカリーも気になるのでまた行ってみようと思うひらめき

スープカレーを食べるといつものことだけど、お腹がはち切れんばかりになる。
この日も例にもれず満腹。
苦しい〜と言いつつ新幹線に乗り込みました新幹線
posted by しのぶ at 16:35| Comment(3) | TrackBack(0) | スープカレー/ふつうカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪っぴきの斑尾ツアー

先週末は風邪ひきながら、職場のスキーツアーで斑尾まで行ってきた。
金曜日の仕事後から日曜日までしっかり滑ってきました!

雪 雪 雪

時計 3月4日(金)

土曜日に朝から滑るために、この日は仕事後にそのまま新幹線に乗り斑尾に前入り。
新幹線は20:00少し前発新幹線
というわけで、新幹線に乗る前に夕飯を食べようということになった。
そこで案に上がったのがスープカレー。
今まで行ったことのない恵比寿のお店に行こうということになり、新幹線に間に合わせるためには何時にお店を出ればいいかまで逆算し、職場を出る時間を決めるという気合の入れよう。
風邪ひきさんの喉に刺激物というキケンな選択だけど、長野までの長旅のためにスタミナをつけなきゃねと言い訳しつつ、しっかりとスープカレーを堪能して新幹線に乗り込んだ。
(スープカレーのレポートは別記事でしますレストラン

この日斑尾に前入りしたのは外国人スタッフと日本人スタッフの計14名。
新幹線の中からビールを飲み大騒ぎだった。
外国人のノリは違うね〜。
そのノリを引きずったまま長野駅からはホテルの送迎バスに乗った。
私はバスの中では風邪もつらくなってきて寝てしまったのだけど、盛り上がりは相変わらずだったらしいあせあせ(飛び散る汗)
妙な盛り上がりのまま宿泊先に到着したのは23:00を過ぎた頃。
ホテルは職場が法人会員になっているリゾートホテルなのでとてもキレイ。
スキー場にあるホテルだからかちょっとロッジ風の造りだった。
大浴場は24:00までしか開いていないということなので慌てて入りに行った。
疲れた体にはやっぱりお風呂よね〜いい気分(温泉)
お風呂後は同部屋になった同期と後輩の子と語り合い、午前3時ごろ眠りにつきました眠い(睡眠)

時計 3月5日(土)

昨夜ホテルに着いたときなんも説明を受けていなかったので、朝食を食べる場所が分からない!!
ホテルの施設案内を見て検討を付けたレストランに行ってみたらどうもそこで合ってたらしい。
幹事さん、ちゃんと説明してよ〜と思ったが、幹事はボスでこわ〜い方なので言えなかったたらーっ(汗)
朝食会場で会った人々で一緒に滑ることになり、準備を済ませてゲレンデへ!
この日は吹雪後ち晴れ。
みんなは雪は嫌がっていたけど、私は雪が降っているのは意外と好きなのでまあよしと思った。
午前中はホテルに直結しているタングラムスキーサーカスで滑った。
雪が降っていただけあって、雪はパウダーで快適。
ただ、滑っている間に雪が削られ、どこのコースもコブコブモーグルになっていた。
コブコブは膝にくるし気が抜けないので、滑りながら心の中で常に「ウキョー!」と叫んでいた。
午後には土曜入りした他のメンバーとも合流してタングラムのお隣の斑尾高原へ。
タングラムからは連絡コースがあり、簡単に行ける。
よく、連絡コースというと平坦なコースがず〜っと続くところとかがあるけど、ここは普通に斜度のあるコースで斑尾高原まで行けるので楽チン。
斑尾高原のほうは、割とスキーヤー向けのコースかなぁというかんじ。
コース整備も甘いし、スノボの人はちょっと滑りにくいかも。
標高が高い分雪質はよろし。
夕方にはまたタングラムに戻り、ナイター営業に入るギリギリまで滑りました。
風邪っぴきのくせにここまで滑りつくし、声がかなりやばいことになっていたがく〜(落胆した顔)
もうオカマ。
それでも、夕食後には飲み会があり、一応お付き合いのつもりで出席した。
そこに行くとビックリ!!
なんと、女性陣はバッチリ化粧をしてキレイな格好をしているではないか!
我々、同室女性陣はノーメイクにジャージ・・・さらに足元はスリッパたらーっ(汗)
やっぱ女性というものはいつでも化粧してばっちりきめなきゃいけないのかなぁ・・・。
「いや!我々がスキー場のTPOに合っているよね!」とスリッパーズ(スリッパを履いてたので・・・)同盟を組み、開き直って食べまくり飲みまくった。
1、2杯飲んで帰るつもりが、結局1次会の終わりごろまで参加。
風邪を治すつもりがあるのだろうか、私は・・・と自分にちょっと呆れつつ就寝。

時計 3月6日(日)

お酒を飲んだからか寝ている間にだいぶ汗をかいたようで、朝起きると昨日までより体がだいぶ楽になっている。
スノボとお酒で風邪を治す自分にちょっと感嘆。
でも、それと引き換えに声がますますオカマちゃんになっていた。
まぁ体はだいぶ楽に軽くなったのでよしとしてこの日もゲレンデに繰り出した。
この日はとても天気がよく、今シーズン初めてゲレンデで穏やかな晴れを体験した。
タングラムでちょっと足慣らしをしてから斑尾高原に渡った。
ここで、前日は乗らなかった1人乗りリフトに挑戦。
リフト自体は座布団に棒がくっついたみたいな感じでかなり不安。
しかも途中で止まったりしてさらに不安が煽られ、到着するまで棒にかなり力強くしがみついていた。
いざ到着してみると、そこはものすごいコースだった!
まず、板を装着するような平らな所はなく、いきなり36度という急な斜面。
しかもコブコブ!!
雪質はフカフカだったので転んでも痛くないというのが救いで、転びながらも無事に滑り降りた。
コースは気の抜けないものだったけど、眺めはよかったです!

斑尾.JPG
カメラ これがウワサのコブコブ急斜面コース。
写真にしてしまうとあの恐怖感はイマイチ伝わらない・・・。

帰る前にお風呂に入ろうということで、スノボは午前券で滑れる13:00で終了。
やはりお風呂は外せない!!
お風呂に入ってすっきりして東京への帰途に着いた。

帰りの新幹線の中では、お昼を食べずにギリギリまで滑っていた人たちが峠の釜飯を買ってきて食べていた。
それを見て、お昼を食べたくせに私も食べたくなってきた。
さすがにお昼2回というのはマズイので、夕飯用に車内販売で購入した。
ボードもあるのに、あの重みの釜飯を背負って家まで帰る自分の根性にちょっと感服。
おうちに着いてからしっかり堪能いたしました猫

峠の釜飯.JPG
カメラ おぎのやの峠の釜飯。大好物黒ハート
あまりに焦っていてちょっと食べちゃった後だけど・・・。

雪 雪 雪

職場スキーは価格がちょっとお高めで行こうかどうしようか迷ったけど、年に1回だし、普段あまり交流のない人とも話せるのでまぁよいか〜というかんじで参加したのだけど、意外と楽しかった。
私たち同期の中に1人放り込まれた後輩も私たちのペースに付き合ってくれて、ほんとかわいかったわ〜。
風邪で参加も危ぶまれたけど、滑ってストレス発散したおかげか体調もだいぶよくなったし。
皆さんにはオカマ声を披露することになったけど、それもよしとしよう。
posted by しのぶ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

♪SWAN LAKE♪

風邪をひいたり、スノボに行ったり、誕生日が来てまた1つ年をとったり、仕事がバタバタしたりとなんだかんだと忙しかったこの一週間だった。
(スノボレポートは週末にでもゆっくり更新します!)
忙しいながらも、おかげさまで風邪も快方に向かっており、オカマ声ながらも声も出るようになってきた。
あと一歩であります!

さてさて、そんなオカマ声を抱えながら昨日はマシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』@Bunkamuraオーチャードホールを観てきた。
これはクラシックな白鳥の湖と違い、白鳥は全て男性が演じている。
とっても斬新ぴかぴか(新しい)
なんて偉そうに言ったけど、バレエ鑑賞初体験で実はクラシックな白鳥の湖のストーリー自体をよく分かっていなかった私は、ショーが始まって初っ端からキャラクターの設定を勘違いし、最後まで勘違いしたまま終了するという失態を犯したあせあせ(飛び散る汗)
女王(母親)の愛情を得られずに悩む王子(息子)がスワンに出会って魅了され・・・という設定だったのだけど、私は女王と王子が親子ではなく夫婦だと勘違いしてしまった。
その勘違いのまま見ると、結婚してるのにお互いに別々に恋人を作り・・・とちょっと昼メロのように見えてしまうのだ。
あほな私は「ほえ〜、さすが革新的なバレエ!」なんて感心していたが、やはり腑に落ちないところも多く、後で確認したら自分の勘違いが発覚。
演劇と違って台詞から話の筋を推測するのは難しいので、ちょっとは予習していくべきね。
でもでも、話を多少勘違いしていても十分楽しめた。
現代風に作り変えられており、踊りもポップな感じなものもあったりして楽しい。
劇中に観劇に行くシーンがあるのだけど、そこで携帯が鳴って慌てるなんていうのも現代らしいなぁと思った。
衣装もすっごくオシャレで舞台装置も凝っていた。
踊りだけでなく、衣装とか舞台の仕掛けとかを着目しても楽しめるかんじ。
男性による白鳥も力強さのなかにしなやかさもあって見ごたえがあった。
日によっては、日本人キャストの首藤康之さんが出演される日もあるらしい。
残念ながら昨日は出演の日ではなかったのだけど、あんなにすごいステージに日本人が出演しているというのはうれしいものだわーい(嬉しい顔)
また機会があったら観に行きたいな!次回は予習付きで。
posted by しのぶ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

風邪を召しました・・・

今年1回目の風邪をひいてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
先週の後半から背中に悪寒が走っていたのは花粉症ではなくて風邪だったようだ。
月曜日の朝起きると、体の節々が痛かった。
前日にスノボに行ったので筋肉痛かとも思ったけど、頭も重くてフラフラ・・・。
熱を計ってみると、38度あった。
平熱が35度台の私にはかなりな高温ふらふら
フラフラしながらも薬を求めて医者に行ったんだけど、そこで医者の発言にかなりムカッっときた。
一応インフルエンザの検査をしたけど菌は検出されず風邪ということになったのだが、そこで医者が「風邪はねぇ、休養以外には治せません。仕事なんか2週間くらい休んで実家にでも帰ってただ寝てればいいんだ。」というようなことをのたまった。
誇張してません。ただ寝てろ以外のことは言えませんとはっきりと言う医者・・・。
「風邪は寝れば治るなんていうのは、素人の私でも分かる。仕事が休めるんだったら休むけど、休めない状況だから薬をもらいに行ったんだろ!だいたいそんなに有休がない!お前が私の生活の面倒でもみてくれんのか!医者だったらもうちょっと現実的なアドバイスをしろ!」と叫びたかったけど、熱でボーっとしてて話すのも嫌だったので「もういいので、薬だけください・・・」と力なく言って病院を去った。
結局その日は39度近くまで熱が上がり、手当たり次第に洋服を着込み布団にぐるぐる巻きになって寝ておりました。
仕事が休めない状況だったので、火曜からは薬を飲んでマスクをして背中にカイロを貼って出勤。
昼は乗り越えられるけど夜になるとまた熱が上がるというのを繰り返してしまったあせあせ(飛び散る汗)
というわけで、今日は思い切って一日休んだ。
おかげで熱はひいたようだ。
まだ咳が出るけど、もうだいじょうぶだろう。
しか〜し!!明日は仕事後から職場のスキーツアーに参加予定たらーっ(汗)
すでにお金も払ってしまっているので強行突破だ。
無理はせずに温泉三昧&ゆっくりすることにしますいい気分(温泉)
posted by しのぶ at 20:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。